誰も教えてくれない正しい「英語脳」の作り方

英語を英語のままで理解できる「英語脳」は
日本人英語学習者の誰もが欲しくてたまらないものですが、
なかなか手に入れるのは簡単ではありません。

英語を英語のままで理解したいのに、
つい「返り読み」「無意識のうちに翻訳」してしまうんですよね。

「返り読みしないと理解できないのは、
 日本の英語の授業で日本語に訳す癖がついているからだ!
 だから日本人は全部翻訳しないと理解できないんだ!」

という日本の英語教育の批判もよく聞くと思います。

もちろん、そうなんです。
返り読みの癖がついてしまったせいで、英語脳ができないし
英語を英語の語順のままで理解することができません。

でも、返り読みは長年の癖だから、
返り読みしないぞ!と決心して英語を読んでも、つい習慣でやってしまうし
結局どうしたらいいか分からないで困っている人が多いんじゃないかと思います。

なので、こう考えてみてはどうでしょうか?

・返り読みしないと理解できない
・聞こえた英語をそのままの語順で理解できない

これらのそもそもの原因は、
「日本語に訳す癖がついているから」ではありません。

「返り読みの習慣」「日本語訳してしまう癖」そのものが悪いのではなく、

返り読みや日本語訳をしなきゃ理解できないような
難解なものしか読んでないのが悪いのです。


つまり?

「日本語⇔英語と考える癖」から脱出して
英語のままで理解できるようになりたいなら、
簡単な英語をたくさんインプットすることが重要です。

難しい英語を意味も分からず聞き流したりしても
英語を英語のままで理解できる力は決して身につきません。

・自分にとって簡単な英語
・日本語に直すまでもなく理解できるレベルの英語

を、大量にインプットすることです。

これ、死ぬほど大事です。

ここに気づいて勉強法を変えたら、
ほんとに結果が変わりますので。


英語脳と日本語を使うことは全く別

よく、「英語脳」を作るために
家では英語ニュースを流しっぱなしにして、英字新聞を読んで、英語で読書して、
辞書も英和辞書は一切使うのを拒否して英英辞典しか使わないし、
文法書すら日本語で書かれたものではなく英語で書かれたものを使う
という人がいます。

「これだけずっと英語に浸ってたら、英語脳もできるだろう!」と。

でも・・・
日本語を排除したら勝手に英語脳ができるわけじゃないんです。

大事なことなので、繰り返します。
日本語を排除したら勝手に英語脳ができるわけじゃないんです。

たとえば、私や同僚の通訳翻訳者たちって
仕事で英語に触れるときは、必ず日本語とセットです。

聞こえてくる英語を全部日本語にするから英語脳ができない?
・・・通訳者は、毎日やってます!

英語を全部日本語に翻訳しようとするから返り読みしかできなくなる?
・・・翻訳者は、毎日やってます!

じゃあ、
通訳者は全部訳さないと理解できないのか?
翻訳者は返り読みしかできないのか?

そんなわけありません。

翻訳者が普通にペーパーバックを楽しんで読むときに
いちいち返り読みや翻訳をすることなどありませんし、

通訳者が普通に海外ドラマを楽しんで観るときに
いちいち全部のセリフを頭の中で訳すことなどありません。

英語のままで理解し、楽しめるのです。

実際、どうやって「英語脳」が身についたのかっていうと、
仕事上、日本語とは絶対に縁を切ることのできない私たちだって、同じです。



簡単な英語に大量に触れながら
英語の語順のまま理解できるように訓練を重ねてきた

ということ以外に答えはないんですね。

英語を英語のままで理解するパイプを太くしてきたんです。

つまり、英語脳ができない直接の原因って日本語じゃないんですよ。

なのに、
「日本語を使うからいけないんだ!」って
諸悪の根源みたいにいっつも悪者扱いされてねぇ・・・
かわいそうに・・・

覚えておいてください。

「日本語を排除したら自動的に英語脳ができる」
わけではありません。

英語脳を作りたいなら、
「日本語に訳すまでもなく簡単に英語のままで理解できる英語を
 大量にインプットすること」

が必要なんです。



→ スラッシュリーディングで英語を語順どおり読めるようになる方法にすすむ




» リーディング(精読・多読)の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ