「英語を英語のまま読めるようになる」ための多読の方法(2)

この記事は、
「英語を英語のまま読めるようになる」ための多読の方法(1)の続きです。

上のページでは、「できるだけ速く」読むことによって、
いつもの癖でついつい返り読みをしてしまうことが防げるとお伝えしました。

できるだけ速く読むには、
返り読みなんか必要ないような簡単な英語を読んで
語順どおりに英語を理解するという作業に慣れるしかありません。

このページでは、多読のもう一つの重要なポイントである
「大量に読むこと」についてお話しします。


「大量に」読むことのメリット

あなたが、普通に日本で英語教育を受けた大人であれば、
中学生レベルの単語が使われている英語なら、たとえば
「ええっとええっと・・・baseballの日本語は・・・」
なんて考えなくても、サラッと理解できますよね?

でも、「ベースボール」っていう単語、
幼稚園くらいの時から知ってました?
私は知らなかったです。

野球少年でもなければ、普通は知らないと思うんですよね。

「Baseballって野球のことなんだよ」
と教えられないと、最初は分かりません。

でも、何度もその単語に接していると
「そうだ、baseballは野球だったな」と分かるようになります。

そして、さらにその単語に接していると
Baseballという単語を見た(聞いた)瞬間に
「日本語では野球だから」なんて考えなくても
直接あのスポーツのイメージが頭に浮かびます。

ここが、英語を英語のまま理解できている段階です。

あなたは気にも留めたことがないかもしれませんが、
こうやって、

1.単語そのものを知らない

2.その単語を見ると「知ってるはずなんだけど、何だっけ?」となる

3.「えっと~、日本語で言えばあれね」と、訳語とセットで認識する

4.パッと日本語で意味が思い浮かぶようになる

5.聞いた(見た)瞬間、そのものの概念(イメージ)が浮かぶ
  (日本語に翻訳することなく、英語のままで理解できる)


というプロセスを経て、単語を習得してきています。



単語本を一回やったくらいで

「私は全然単語が覚えられない!頭が悪いからだ!」とか
「もう歳だから記憶力が衰えている!」とか言う人がいますが、

見当違いもいいところです。

単語を自分のものにするには、これだけのプロセスを経ないといけないし
それだけ同じ単語に何度も何度も出会わないと、覚えられないのです。

逆に言えば、今のあなたが
英語を見た瞬間に迷うことなくイメージが浮かぶ単語というのは
それだけ何度も何度も接触してきたということですよ。

こうやって、英語を英語のままで理解する筋肉を
鍛えてきたわけです。

英語を英語のままで理解できるようになるには、
あなたにとって簡単な英語をたくさん聞き、読む必要があります。

「簡単なものばっかりやってたらレベルアップしないでしょ?」
っていう反論もあるでしょう。

もちろん、語彙はどんどん増やしていかないとレベルは上がらないし
自分のレベルにとって難しい英語を聞いたり読んだりすることも必要です。

でも、ほとんどの日本人は
「簡単な英語」に触れる時間が足りなさすぎです。
簡単なものに触れる時間をもっと増やさないといけないんです。


私自身、もちろん今も
自分にとって難しい英語にぶち当たることはありますし
日本語にしてみてようやく理解できることだってあります。

それを繰り返していくうちに、
だんだん単語を覚えますし、構文のバリエーションも増えます。

そうしたら、結果的に
「英語のまま理解できるレベル」が上がるというだけです。


いいでしょうか?
今日お伝えした、多読のコツ。

簡単なものを、できるだけ速くたくさん読むことです。
特に、スピードは意識的に速くすることを心がけてください。

そうすることで、翻訳や返り読みの癖が
少しずつ取れていきますよ。

英語の語順のままで理解することに特化した教材


まさに「英語の語順のまま理解する」ということに
フォーカスした、多読に役に立つ教材があります。

⇒ 英語を英語の語順のままで理解する教材

この教材は、日本語訳と一緒に理解するようになってるので
「結局日本語に訳さないと理解できない癖がついてしまうのでは?」
と思うかもしれませんが、心配いりません。

教材で使われている日本語は、きれいな翻訳ではありません。
返り読みではなく、英語の語順そのままに表記してあります。

「英語の語順のまま理解する」という感覚がまだ分からない場合は
「そうか!こうやって理解していけばいいんだ」とコツがつかめると思います。

で、日本語の訳というのは、この教材では
理解を助けるための単なる補助輪のようなものなので、
英語の語順のまま理解できるという感覚が身に付けば、
その補助輪が外れて英語のまま理解できるようになります。

「英語を英語のままで理解する」の詳しい仕組みは、こちらのページからどうぞ。

⇒ 英語を英語の語順のままで理解する教材



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ