長文読解が苦手な私が初めて「多読」をするようになったきっかけ

books-552572_640

「英語を日本語に訳さず英語のままで理解できるようになる」ためには、
「英語に訳すまでもなく理解できる簡単な英語をたくさん聞くこと」が必要です。

それしかありません。
ものすごく重要なことです。


リスニングには「多聴」「精聴」という概念がありますが、
(参考:同じ英語をスクリプト通りに聞こえるまで何度もリスニングしても、映画や海外ニュースは聞き取れるようにならない
リーディングにも、「多読」「精読」があります。


私は、TOEIC700点台後半の頃に「多読」をはじめました

とはいえ、「多読をはじめました」という表現は厳密には間違いで、
多読なんて当時は全然知りませんでした。

今思い出してみて、「あー、あの時のあれが多読だったのか」という感じ。

それまでは、いわゆる学校英語の
「難しい英語を一語一句ノートに和訳して構文を分析して、
 分からない単語は全部調べて隅から隅まで理解する」

という方法のリーディングしかしたことがありませんでした。

(これが、いわゆる「精読」に当たります)
それ以外のリーディングの方法があることも知りませんでした。

私は、英語の長文読解というのが苦手で、高校、大学とすごく苦労したのですが、
塾講師のアルバイトで高校1年生の担当になり、
生徒の学校の夏休みの宿題になっていたテキストを
授業の準備のために読まなければならなくなりました。

それは、いわゆる「副読本」というもので
これまで生徒が習っているはずの文法や単語で構成してある、
長文問題ばかりのテキストでした。

だから、正直言って、
「高校生の長文問題の指導か~、嫌だな~。自信ないな~」
と、すごく憂鬱でした。


・・・が!

予想よりずっと簡単に読めたのです。

まあ、TOEIC700点後半くらいあれば、
難関大学の英語の入試問題も解けるはずですので
高校1年生の夏休みの宿題くらいは楽勝で読めて当たり前なのですが。

でも、日本の英語教育(特に長文読解)って、常に

「よりレベルの高いものをやれ!」
「できるだけ難しいものをやれ!」

という感じですよね。
なので、自分のレベルに対して簡単な英語を読むという経験をしたのは、
それがほぼ初めてでした。

そのテキストは、科学、スポーツ、エンタメ系などの読み物がたくさん入っていて、
専門的ではなくおもしろい話題だったので
ついつい楽しくて予習が必要ないところまで読んでしまいました。

そのときの
「英語がスラスラ読めるって楽しい!」
という感動は、今も忘れません。

それで少し自信がつきました。


また、授業の準備のために簡単な英語を毎日のように読んでいたので、
読むのもだんだん早くなり、日本語に訳さないで
英語のまま理解することができるようになりました。

そして、大学受験生の担当になり、制限時間80分のセンター試験が40分で解けるように。
多読らしきことを始めて、2年くらい経った頃でしょうか。


で、今思うことは、これこそが多読という訓練であって、
これなしでは私は英語の語順のままで英語を読めるようになることは
なかったのではないかと思います。

私はたまたま塾講師をしていたという幸運があって
自分のレベルに対して簡単な英語に大量に触れる機会がありました。

あなたは、いかがでしょうか?

自分のレベルでギリギリ読める程度の(分からない単語もあるけど、理解不能ではない)
英語ばかりしか触れる機会がないのではないでしょうか?

「どうしても英語を読みながら日本語に訳そうとしてしまう」
「分からない単語があると、話を見失ってしまう」

というお悩みがあるなら、
まだ英語を英語のままで読んで理解できるという段階に至っていないのかもしれません。

あなたにとって、リーディングが重要な位置を占めているのであれば
私の知る限り、日本の普通の英語教育では全く教えられていない「多読」
取り入れてみるといいのではないでしょうか?

英語が英語の語順のままで
スラスラと波にのって理解できるようになると楽しいですよ。^^

では、次のページでは
素材として適しているもの、ふさわしくないものをお教えします。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ