返り読みのクセを矯正し、英語の語順のまま読めるようになるには?

read-515531_640

今日は、英語の文章をそのまま語順通りに読むのではなく、日本語の語順に合わせて「後ろから前」という読み方をする「返り読み」の癖が抜けずに悩んでいる方のメールにお答えします。

中学、高校と英語の成績が良かったのですが(読み書きのみ。ヒアリングは中学一年生のものさえ、聞き取れないという異常な状態でした。しかし、英検3級の二次試験は通りました。問題が聞き取れなくて、何度も面接官に聞き直しましたが・・・。)、現在、英文法を部分的に忘れていることが増えているのに気付いたので、復習を行っております。

ところで、一つ伺いたいことが御座います。私は大学受験生のときは読み書きだけは、問題なく出来たと思います(京都大学、早慶レベルの問題も、問題なく解けていました。)。

このとき、やっていた読み方というのが、エイミさんが問題であるとご指摘なさっている返り読みです。現在英語の学校に通っており、その学校でも返り読みは良くないと注意されたのですが、学生時代に、学校や予備校でこの勉強方法(返り読み)で教わり続け、長年これを続けてきてしまったので、このやり方を直そうと文章を先頭から読む練習を現在しているのですが、やたらと時間がかかってしまいます。まさにエイミさんが仰っている大きな障害になってしまっているのです。

エイミさんは有料講座を持ってらっしゃるので、このようなご質問に御回答頂くことは出来ないと以前どこかで拝見したことがあるのですが、もし支障がなければ、配信しているメルマガで、私のようになってしまった場合の対処方法をご教示願えないでしょうか?



おっしゃるように、大学受験の英語の勉強では、どの部分がどの単語を修飾していて、どの部分が挿入されているといった感じで、英語の文章構造を分析しながら解読しますよね。

私も、最初は受験勉強の癖が抜けず、挿入の部分にかっこを入れたり、後ろから前の単語への修飾部分に矢印を書き込んだりしながら、返り読みで理解することしかできませんでした。

でも、アルバイトで中学生や高校1年生の指導をするなかで、授業の予習のためにたーっくさんの長文を速いスピードで読んでいるうちに、自然と返り読みをしなくても読めるようになっていることに気づきました。

簡単な文章をたくさん読むことを「多読」と言ったりしますが、ここに返り読みをしなくなるヒントがあります。

当たり前のようで重要なことを言いますが、そもそもどうして返り読みをするかというと、難しい文章だからです。ぱっと見ただけでは文章の構造がどうなっているか分からないし、長い文章がどこで切れるのか分からないからです。


baseball-player-688372_640

たとえば、現在中級以上の英語レベルの人であれば、「I play baseball.」という文章を見たとき、

「私は、する、野球を・・・」
      ↓
「あ、『私は野球をする』、か」

っていちいち「返り読み」はしないはずです。

頭の中で必死に正しい日本語訳を作ることもせず、
英語の語順のまますっと理解できると思います。


つまり、英語の語順のまま理解できるスキルを身につけるには、
あなたにとって簡単な文章、返り読みをする必要すらない文章に
たくさん触れることが必要なんです。

簡単な文章をたくさん読むことで、英語の語順通りに理解する訓練ができます。
その習慣が定着すれば、返り読みをせずに読めるようになります。


せっかく自分にとってやさしい文章を選んでも、それをゆっくり読んでしまうと、返り読みの癖が出てしまいます。なので、できるだけ自分が興味を持てる内容を選ぶことも重要です。内容が楽しくなければすぐに飽きてしまいますし、どんどん先に読み進めようという気力も湧きませんから。

このページで、語彙や文法レベルが調節された英語学習者用の実用書や小説をご紹介しています。

多読用のリーディング素材(ペンギンリーダーズ、ラダーシリーズ)

ペンギンリーダーズ、ラダーシリーズ等を利用する時の注意点ですが、決して表記通りのレベルの本を選ばないことです。

たとえば、英検2級のレベルの人用の本だと、「英検2級レベルの人なら頑張ったら読める」という意味なので、頑張らないといけない状況では返り読みの癖が出やすくなります。

あくまでも、自分にとって「簡単」なレベルを選んでください。本気で返り読みの癖を矯正する意思があるなら、一番やさしいものから読んでいけばいいと思います。


そして、英語を語順通りに読めるようになるために効果的な方法がもう一つあります。
それは、簡単な英語をたくさん「聞く」ことです。

リーディングとリスニングはあまり関係ないのでは?とお思いになるかもしれませんが、英語が聞こえてきた順番で、語順のとおりに理解できるスキルを身につけると、英語を読むときも同じ要領で理解できるようになります。

これも、中学生の一番簡単なレベルから始めるといいです。ご質問者さんは中1のヒアリングさえできなかったということですが、そうなる原因は、自分の頭の中で正しい英語と違う発音で覚えているからです。一番基礎からやり直すときに、単語の発音も一つ一つ正しいものを覚えなおすようにしてください。そのためには音読も有効です。


語順のとおりに文章を読める、聞けるとは具体的にどういうことなのか、返り読みをせずどのように理解すればいいのかについては、このページに詳しく書いていますので、読んでみてください。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ