頑張った自分を褒めてあげよう

前回のページ「まずは己を知ること」のアップ後、
さらにたくさんのご相談メールをいただきました。

読ませていただきながら、また考えたことがありました。

そこで今日は、英語から少し離れるかもしれませんが、
ちょっと精神的なことについてお話ししたいと思います。

最初は、「英語学習についてのHPなんだから」と
作る予定のなかったページです。

でも、英語学習に(それ以外にも)とても大切だと思うので、書くことにしました。

実際に、私の英語学習においては
ものすごい効果を発揮している考え方です。

それは、「自分を褒めてあげること」について。

いただいた相談メールに一つずつお答えしながら、
考えたことがありました。

それは、

みなさん、自分に厳しいな~!!!

ということ。

それぞれの方は、正直言って、
私なんかよりよっぽど真剣に英語学習に取り組んでいます。

やる気もあり、
「英語ができるようになりたい!」という強い気持ちの持ち主。

でも、みなさんに共通しているのが
「私は、まだまだダメなんです」という言葉でした。

「まだまだ」だからこそ、上を目指したいと思える。
「もうこの程度でいいや」と満足した途端、成長は止まってしまう。

それは、本当だと思います。
ご相談者の方たちは、上を目指しているからこそ、
「これではダメだ」と思われているんです。

(メールを書く上での丁寧な意味での謙遜だということも、
 もちろん理解しています。)

でも・・・ 「まだまだダメだ」という気持ち、そして言葉は
私たちの潜在意識にとって毒になることがあるんです。

潜在意識というのは、
深いところで自分を動かしている『もうひとつの自分』のことです。


頑張りたいという気持ちはあるのに、
行動はその気持ちに反することをしてしまう。

いけないと分かっていても、
ついやるべきことを先延ばしにしてしまう。

これらは、すべて潜在意識の仕業です。

まあ、潜在意識のことを
ここで詳しく書くつもりはありませんが・・・

心理学などにご興味がおありの方は、
本などを読んでみるととっても面白いです。

精神的な面で、
英語学習のヒントになることがたくさんあると思います。

「自分の潜在意識を褒めておだててその気にさせる」

これは、英語学習には、ものすごい効果があります。


どんな小さなことでも、「よくやった、私!!」と自分を褒めてあげ、
「私なら、もっと上を目指せるはず!」と自分を信頼してあげる。

こうすることによって、潜在意識が一生懸命働いてくれます。


逆に、「私はできない」「こんなんじゃダメだ」と自分をけなしていると、
潜在意識もやる気をなくし、そっぽを向いてしまいます。

だから、上で書いたような、
「思い通りに勉強が進まない」事態が起きてしまうのです。


・・・・・きっと、こういう話は
スピリチュアルっぽくて苦手という方もいると思いますし、
「潜在意識」についての議論は、ここではどうでもいいことです。

要するに、私が言いたいのは

「自分がまだ出来ていないこと」ばかりに注目するのではなく、
「自分がこれまで成し遂げてきたこと」に注目し、

それを、(どんな小さなことでも)
「頑張ったね、エライよ、私!」と褒めてあげることで、

英語学習の効果は加速するということです。

かくいう私も、
「私ってダメだわ人間」でした。(笑)

自分に全然自信が持てませんでした。
あらゆることについて、「どうせ私にはできない」と思っていました。

それが、本当にふとしたきっかけで、
潜在意識に関する本を手に取りました。

その後、いろいろな関連本を読み漁り、
「そうか!だから今まで何をやっても
思い通りにいかなかったんだ」と分かりました。

この後ですね・・・・・私の人生の見え方が180度変わりました。

大袈裟に聞こえるかも知れませんが、本当です。

その証拠として、

今の私は、英語学習が予定通り進まなかったとしても、
「だから私ってダメなんだわ・・・・・」とは、決して言いません。


その代わり、
「今日はこれだけやったんだから、昨日の私よりは進歩したよね。
 これまでも頑張ってきたんだもん、明日はもっとできるはず!」

そう、心の中で自分に言ってあげます。

(他人に対してこんなことを言うのは変なので、心の中でですよ。)


何が違うかというと、
結局、自分が「気持ちいい」のは、断然後者なんですね。

学習量だけを見ると、不足しているのかも知れないけれど
長期的に考えると、「やる気」「モチベーション」の点では、
もう、ぜんっぜん違います。

やる気が、驚くくらい持続するんです。

そして、やる気が続くということは、
結果も遅かれ早かれ現れるということです。

自分に、必要以上に厳しくしないでください。

甘やかすのではなく、「私にはできる!」と
自分を信じてあげてください。

自分を信じることが出来ない人は、
まずは、毎日のほんの些細な頑張りを、
大袈裟に褒めてあげてください。

人生が変わってくると思います。

最後に、潜在意識について知りたいと思われるかたは、
この本をオススメします。

上に書いたように、
ふとしたきっかけで本屋で手に取った日を境に、
人生の見方を変えた本です。

奇異に聞こえるかもしれませんが、
潜在意識なんて全然興味もなかった私が
あの日あの近所の本屋でこの本に手を伸ばしたのは、

何かの「お導き」のようなものだったと、今は思っています。

そのくらい、私にはこの本との出合いが衝撃でした。


「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~


本もいいのですが、何より付属のCDがとてもいいのです。

著者の石井さんのCDセミナーが収録されているのですが、
最初は、「なんと下手くそなしゃべりだ・・・」と驚きました(笑)

話し方がたどたどしく、すごく不器用なんです。
でも、話の内容は、目からウロコが落ちることばかりでした。
今では、その不器用なしゃべりも「味がある」と思えてきました。

「潜在意識は変化を嫌う」ということが
いろんな例で分かりやすく説明されています。
変化を嫌うからこそ、新しい学習法や習慣は身につきにくい。
英語を勉強する上でも、知っておくべき知識です。


⇒ 自分を信頼できていますか? へすすむ


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ