49歳、生きてるうちに英会話ができるようになるのは年齢的に無理?



49歳の女性から、「生きているうちに英語が話せるようになりたいか、もう遅いか?」
というご質問をいただきました。

今年49歳になりました。
生きてる内に英会話が出来るようになりたいと思ってます。
年齢的にむりでしょうか?

映画を字幕なしで読んだり、英字新聞を読めるようになったり、
外国の人と日常会話をしたり、したいのです。
その為にはやはり文法を勉強しなくてはいけないのでしょうか?

勉強を上手に積み上げていくには最低毎日欠かさず
やらなければいけない事とはどんな事なんでしょうか?
よろしく御回答願います



「もう40代なので・・・」「もうこの歳では英語は遅いですよね・・・」
とかいう言葉は、私はものすごくよく聞きます。

で、このメールの主への私の答えですが、
ちょっと厳しい言い方になるかもしれませんが、
理由が年齢であれ別のことであれ、
あなたが自分で「無理」と思っている限りは無理です。


でも、「あなたが」できるようになるのか、私には分かりませんが
一般的に言ったら、49歳なんてまだまだ若い。楽勝です。
これからでも英語は話せるようになります。

まず、勉強法がどうとかいう話よりも、
「まだまだ今から始めたって遅くないし、大丈夫なんだ」ということを
まずは心から信じる、いやむしろ、それが当たり前と思うことが大事です。

そうでないと、勉強をせっかく頑張っているのに、ふとした時に
「やっぱり私の歳ではもうダメかも・・・」
という不安が大きくなってしまって、あきらめたくなる時が絶対に来るからです。


ちょっとお聞きしたいのですが、あなたの周りを見渡して、
50代、60代、70代になってから奮起して英語をやり直して
英会話が楽しめるようになった人はゼロでしょうか?

あなたの周りにはゼロだったとしても、
そういう人をテレビで見たり本で読んだ経験はゼロでしょうか?

そういう人たちがいれば、これから年齢のことで不安になった時
「私より年上でも、できた人もいるんだ」
と、その人たちを思い浮かべながら、必ず思い出してください。


たとえば、私の母は、語学が全然得意ではなく
私が子供の頃に英語を教えてくれたなんてことも一切ありませんが、
60代になってから韓国語をはじめて、ハングル文字を全部読めるようになり
簡単なことなら会話もでき、映画のセリフもところどころ分かるようになりましたよ。

語学音痴だったはずの母なのに、60代でもやればできるんだなと
自分の親ながら感心しました。

母には、誕生日プレゼントにiPodを買ってあげて
その中に母の韓国語の教材CDの音声を入れてやり、
「これを家事とか庭仕事とかしながら毎日聞いたら、単語も覚えられるよ」
と、ながら聞きの指導もしておきました。(笑)



「もう私の年齢では遅すぎる」
それを決めるのはあなたです。

あなたがそう決めれば、それは現実になります。

でも、
「私くらいの年齢やもっと年上の人でも、英語をやり直して
 生活をエンジョイしている人がいる!私もできるはず!」

と考える選択をすることも、あなたの自由ですよ。

どっちを選びますか?


「もう年齢が・・・」
「子育てが・・・」
「仕事が・・・」
「体力が・・・」


いろいろ言い訳はあると思いますが、
その言い訳を乗り越えて英語ができるようになりたいなら
何とかして時間を作ってやるしかないですし、

そこまでしんどい思いをしてやるほどでもないなと思うなら
その時間をもっと有効に楽しく、あなたが幸せになるために使えばいいと思います。


映画、英字新聞、日常会話には文法の勉強が必要なのか?


次に、以下の疑問についてです。

映画を字幕なしで読んだり、英字新聞を読めるようになったり、
外国の人と日常会話をしたり、したいのです。
その為にはやはり文法を勉強しなくてはイケないのでしょうか?




「日常会話」とひとことで言っても、内容も会話の深さもピンキリです。
天気の話から、最近のニュースの話、趣味の話まで。

ニュースの話をするにしても、ただ
「今日こういうニュースがありましたね」「ねー。そうでしたね」
みたいな表面的な会話でいいのか、それとも
そのニュースについてお互いの考えを語り合って深めていきたいのか。

あなたは、誰とどういう「日常会話」がしたいのでしょうか?

「日常会話ができるように」という願望を持っている人はとても多いですが、
まず、誰とどういうシチュエーションで何について話せるようになりたいか
決めてください。

それによって、あなたがやるべきことは決まります。
文法が必要かどうかも決まります。


ケース1:「日常会話」に文法が不要な場合

あなたが思い描く「日常会話」が、
「元気?」「いい天気ですね」などといったあいさつとか、
ごく簡単な自己紹介、旅行英会話など
いわゆる「当たり障りのない話」程度だったら、文法の勉強はいりません。

そういう会話表現を丸暗記すればできます。

なので、たとえば近々海外旅行を控えているなら、
旅行英会話の本とかを一冊買って、
自分に必要な表現を丸暗記したら大丈夫です。

たとえば、チェックインするとか、料理を注文するとか、
自分に必要な英語をシーンごとに覚えておいたらいいですよ。



ただし、いくら「日常会話」と言っても
相手の言っていることが分からない場合は、そもそも会話にならないので、
こちらが言いたいことを伝えたら事足りるという
それこそ旅行とかのおきまりの表現に限られますね。

それ以上の会話を楽しみたい場合は、リスニング力も単語力も
基本的なところは押さえる必要があります。


ケース2:「日常会話」に文法が必要な場合

日常会話といっても、あいさつとかの軽い話ではなく
自己紹介からお互いの子育てについて話が発展したり
もしかすると芸能人や政治の話もしたいとかいった場合は、文法の勉強が必要です。

政治は難しいのはもちろん、芸能ネタも難易度が高いです。

自己紹介も、自分の名前を言って終わりだったら丸暗記でいいのですが、
たとえば仕事のことや家族のことを伝えた時に、相手がそこに興味をもって
具体的な質問をしてきた時とかは、丸暗記では対応できないですよね。




丸暗記できないということが何を意味しているかというと、
自分で英語を組み立てないといけないということです。

英語は自分の好きなように単語を並べてもダメですから、
英語の組み立て方のルールをちゃんと知っておいて、
その順番に沿って組み立てないと相手には通じません。

そして、この「英語の組み立て方のルール」こそが
「文法」なわけです。



英語の文法を勉強しないのは、数学の公式を勉強しないのと同じ


旅行英会話や、あまり深くつっこまない会話であれば
文法をやる必要はありません。

ただし、外国人とどんな内容のことでも準備なく話せたり
映画や英字新聞を楽しめるようになりたいなら、話は別です。

文法があやふやではかなり厳しいです。

・どんな内容の会話でもネイティブと問題なくできる
・映画が字幕なしで理解できる
・英字新聞が楽しめる

というのは、英語レベルで言えば「かなりの上級者」の域です。
TOEICで言えば楽々900点以上、英検なら1級程度というレベルです。

文法を勉強せずに、そのレベルに到達することは無理です。


アレですよ。

算数のテストの答えを丸暗記をするのが早いか、
公式を覚えた方が早いか、っていうのと同じです。





頻繁に英語が必要なわけではないとか
旅行にたまに行ったときにホテルのチェックインとかが
できればそれで満足かな、ということであれば、
必要な表現の丸暗記をお勧めします。

その方がどう考えても早いですし、楽です。

一回きりのテストだけいい点を取ればいいのなら、
わざわざ公式を使えるようにするよりも、
そのテスト問題の答えを上から丸覚えした方が確実なのと同じです。


でも、テストを何回も受ける必要がある場合は?
問題数がすごく多い場合は?
答えを丸暗記したテストの問題が直前にすり変わってたら?

丸暗記では対応できません。

公式を覚えておいて、その公式に基づいて計算して
自力で答えを出していく方がずっと効率がいいでしょうし
労力も少なく確実にいい点が取れますよね?


英語の文法って、結局のところ
「英語ってこうやって組み立てますよ」というルールなので
算数の公式と一緒なんです。

算数の公式をちゃんとマスターしないままで
算数でいい点を取り続けられる人がどれだけいるのでしょうか?

映画や英字新聞などの、何が出てくるか予測できない
しかも膨大な量の高度な英語を、
公式をマスターしないままで正確に処理できる人が
どれだけいるのでしょうか?

それが、「文法は必要なのか」の答えです。


それ、錯覚ではなくあなたの本当の望みですか?


このページを終えるにあたって、最後にあなたにお聞きしておきたいことは
英字新聞を読むことが本当に目標ですか?ということです。




よく「英字新聞を読めるようになりたい」という目標を聞きますが、
「じゃあ日本語の新聞もかなり読んでます?」と聞くと
「いえ、そうでもないです」と言う方は多いです。

「英語ができる = 英字新聞を颯爽と読みこなす = かっこいい」

というステレオタイプが定着しているので
「英字新聞が読みたい」と錯覚している人が多いんです。

でも、あなたがそもそも
日本語の新聞を読むのが特に楽しくも好きでもないなら、
英字新聞も絶対に長続きしません。

どうしても英字新聞を読むのが必要なのでなければ、
この目標は忘れてしまいましょう。

その方が本当に自分が手に入れたいと思っている
ワクワクする目標がはっきりするので、目標に到達する可能性が高くなりますよ。


というわけで、まずは
自分が誰とどんなシチュエーションで何について英語で話したいのか
をはっきりさせることです。

それで、文法が必要なのかどうか決まります。

そして、もしも、特に新聞を読むのが好きなわけではないのに
「なんとなく英字新聞が読めたらかっこいいな」
といった憧れとかでそうしたいと思っているのなら、
勉強も身に入らないので、その望みは錯覚だったんだとスパッと忘れましょう。

そして、自分が本当に英語でやりたいことを決めて
それに必要な勉強に集中することをお勧めします。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ