正解リスニング学習法-初級者・中級者はこうリスニング力を伸ばせ!

私は過去に間違ったリスニング英語学習をやってしまっており
時間をかけた割に全然リスニング力が伸びていかないという経験をしました。

そこで、今振り返って「あのリスニング学習法は間違いだった」と分かった
勉強法があるのですが、それは以下の3つです。


1.海外ニュースなど英語ニュースの聞き流し
2.海外ドラマ・洋画の聞き流し
3.洋楽の聞き流し


そして、そこから得た経験は

1.一回限りの聞きっぱなしではダメ
2.スクリプトと解説がないのもダメ
3.音が崩れすぎているものは(リスニング初級者には)ダメ

ということでした。
(詳しくは間違いリスニング学習の例をご参照ください)

このページでは、それを踏まえて
正解リスニング学習法について書いていこうと思います。


1. まずは精聴!精聴!ひたすら精聴!

ヒアリングが本当にできなかった、英語やり直しスタートの時期から
TOEICが少なくとも900点くらいに達するまで、
最も効果が高かったと思うのは、「精聴」です。

「精聴」は、英語を隅々まで理解しながら、繰り返しじっくり聞くことです。
(一方「多聴」は、大まかに意味をつかみながら、とにかくたくさん聞くこと。)

これまであまりリスニングの訓練をしていない初心者の人は、
精聴の訓練から始めるべきです。

間違いリスニング学習の例でも書いた通り、
全然リスニングの基礎ができてない時期に
英語ニュースやドラマを聞き流していた(「多聴」)のでは、
全く効果がありませんでした。

よく言われることですが、(でも当時は知らなかったのですが)
意味が分からない英語を3時間聞き流すより
きちんと理解できる英語を15分集中して聞くほうがずっと良いです。

ちゃんと意味が分かっているもの、
すべてのスクリプトがあるものを、何度も何度も繰り返す。

それからは、ひたすら精聴命!です。
最初は、中学1年生レベルからやりました。

じっくり何度も聞き、一語一句丸暗記するくらいまで、
しつこいほど繰り返しました。
スクリプトと解説がきちんと付いている教材を使うのはお約束です)

精聴を繰り返すことによって、以下ができるようになります。


・聞こえる音と実際の英語を一致させること。
・頭にこびりついたカタカナ英語の発音からの脱却。
・リエゾンなどによる音の変化を体感すること。


考えると当たり前ですが、これらは、「なんとなく」聞き流していても
決してできるようにはなりません。

何度も聞いて、スクリプトを確認して、

「general は 『ジェネラル』 じゃなく 『ジェナロー』 なのか!」
「like it は 『ライク イット』 じゃなく 『ライキッ』 なのか!」

そういう発見の繰り返しです。

精聴の訓練によって、音と実際の英語が一致してきて、
英語が「意味のある言葉」として聞こえるようになる基礎ができました。

それまではただの「雑音」でしかなかった英語が、
その後加速度的に聞こえるようになり、TOEICの点数もぐんぐん上がっていきました。


2.つぎは全体像を大まかにとらえる練習

リスニング初心者が英語を聞き取れないのは、
単語ひとつひとつにとらわれすぎているからです。

だから、知らない単語がひとつでも出てきた途端、
「えっ?今何て言ったの??」とパニックになり、
次の単語がどんどん聞こえなくなり、話の流れも見失ってしまう・・・ _| ̄|○

経験、ありますよね?
私は、死ぬほどあります。

これが、上級者になるために絶対に超えなければならないハードルです。

一語一句にとらわれるのではなく、話全体の内容をおおまかにつかんで
「あ~こういう場面の会話だな」
「だいたいこんな話をしているのかな」
と、がばっと理解する。

知っておいていただきたいのですが、実は英語の上級者だって
映画のセリフを100%は理解してないんですよ。
(参考ページ:どうやっても聞き取れない部分がある理由、知っていますか?

この、「がばっと全体をとらえる」要領で理解しています。
これが、実はリスニング上達の鍵です。


3.同じものを何度も繰り返し聞く

特にリスニング初心者にとっては
同じものを繰り返し聞くことが大切です。

よく、あれもこれもと手を出す人がいますが、
特に初心者のリスニング上達の秘訣は

「広く、浅く」ではなく、「狭く、深く」です。

とにかく、同じものを覚えるほど、飽きるほど聞く。
(もちろん、「同じもの」と言っても、自分が理解できる教材じゃなきゃダメですよ)

すると、リエゾンなどの音の変化が「知識」じゃなく
「感覚」として分かるようになってきます。

音の変化が分かるようになると、
それまでは意味の分からない英語のかたまりだったのが、
「このつながっている音はこの英語だな」と
単語が「切り取れる」
ようになります。

単語が切り取れるようになれば、当然英語の意味も分かるようになります。

こういうスキルが身に付いた後になってはじめて、
いろんな教材を「広く」聞いていく勉強法でも、十分な効果が得られます。

それまでは、いろんな教材を試してみたい気持ちをぐっと抑えて、
ひたすら同じものを繰り返すことです。


4.映像(DVDなど)をあえて使わない

私は、「ビバヒル」シリーズを使った英語学習に失敗した後は、
海外ドラマやニュースの映像を英語学習に使っていません。
(音声だけのドラマやニュースは使っています)

これが、結果的に学習が長続きした理由だと自分では思っています。

というのは、上の「精読」と「同じものを繰り返す」を実行するには、
映像がある教材では、非常に都合が悪いのです。

テレビやパソコンの前にいなければ、勉強できないからです。

「同じものを飽きるほど繰り返し聞いた」と上でしつこく書いていますが、
私がそれをやったのは、すべて「ながら聞き」です。
(でないと、そんなに何回も聞けませんから)

私のリスニング学習時間は、
通勤・通学の時間、家事をしながら、入浴中など。

「あ、ここがよく分からないな」という時は、それを覚えておいて
後で時間が取れるときにスクリプトを見て確認しました。

・・・でも、時々どこが分からなかったのか、忘れることもありました。(汗)

そんな適当な勉強方法だからこそ、
継続することがそれほど苦にならなかったのだと思います。

英語学習というのは、「習慣」が命です。

「私は通勤中はこのテープを聞くことになっているのだ」と
ルーティーンが決まっていれば、
それを50回でも100回でも聞くことも、それほどつらくはありません。

「朝起きたら、顔を洗うことになっているのだ」と全く同じ。

でもこれが、机について
「さあリスニングの勉強だ!今日も同じテープを聞くぞ!」だと、
絶対に続かなかった自信があります。

だからこそ、
「習慣の一部として英語学習を組み込む」ことが鍵です。

その意味で、「ながら学習」は強い味方ですが、
映像を使った学習はあまり適していません。

例えば、海外ドラマを見てリスニング力を鍛えようと思っている場合、
毎日決まった勉強時間が確保できない場合が多いと思います。

上で挙げた通勤時間は、
毎日仕事に行く限り、変わらず必ず消費しなければならない時間。

だから、その時間を英語学習に充てていれば、
必ず英語の勉強をすることになります。

でも、映像を使った勉強の場合、
仕事から帰宅して、夕食を済ませて、さあDVDを見よう・・・だと
今日は疲れたから早めに寝よう、残業で帰宅が遅くなった、見たいテレビがある、など
コンスタントに学習時間を確保することが難しくなってしまいます。

(もちろん、毎日必ずドラマを見ずには一日が終われない!
 というくらい大好きなら大丈夫かもしれませんが・・・)

また、ドラマは見始めるとどんどん次を見ずにはいられなくなるのに、
そこをぐっとこらえて、1話のみを繰り返し見続けることができるか?
(話にのめり込んでどんどん次のエピソードを見るのであれば、
 それはもはやリスニングの訓練ではなくただのドラマ鑑賞ですから・・・)

・・・私はその自信がありません。
だから、特に海外ドラマはあえて使わないことにしています。

もちろん、工夫すればドラマだって十分使えます。

今週は夕食を食べながら必ず「フレンズ」の○話を繰り返し見ると決めてもいいし、
音声をファイルに落として通勤中に聞いてもいいと思います。

・これをちゃんと実践できていれば、リスニングは半分制したようなもんです。

・リスニング上達のために絶対に欠かせない2つの勉強法とは?

サブコンテンツ

「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」


こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
英語中級者の方(TOEIC700点程度)向けのメール講座を開講することにしました。
最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。


受講をご希望の方は、今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックしてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

メールアドレス:


※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください(携帯メールは不可)。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。 30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約


※メールが届かない方は、「メール講座に登録してもメールが届かない方へ」を、講座が難しすぎてついていけなかったら?と迷っている方は「こんな私でも無料メール講座の対象になるのか?とお悩みの方へ」をお読みください。

このページの先頭へ