英語のリスニング学習に適したおすすめイヤホン・ウォークマンは?



英語力アップ、特にリスニング力アップを望む場合、
机での勉強時間だけではとても足りません。
移動中や家事の時間を利用して英語時間をコツコツ積み重ねていくことが必要です。

通勤時間の電車の中や歩いているとき、
お皿を洗ったり洗濯物を畳んでいるときなどに
「ながら聞き」をしてリスニング時間を確保することが欠かせないんですね。

参考:
英語の勉強する時間がない人集合!確実に毎日1時間の学習時間が確保できる方法


私は、スカイプで英語学習指導をしている方たちには
「ながら聞きを絶対にやってください!」と毎日のように言っているのですが、
ながら聞きに欠かせないのが、イヤホンです。

このページでは、英語学習にはどんなイヤホンを使えばいいのか
書いてみたいと思います。



英語学習のためのイヤホンを選ぶポイント


私が考える英語学習に適したイヤホンを選ぶ上で重要なポイントは、
以下の2点です。



1.カナル型であること


イヤホン、ヘッドホンと言ってもいろいろタイプがあって
主に3つに分類されます。

(1)ヘッドホン型

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x
こういうタイプのヘッドホンは、机で勉強するときや
映画や音楽を集中して楽しむにはいいのですが、
重くて持ち歩くにもかさばるので、
ながら聞きを中心とした英語学習には適しません。


(2)インナーイヤー型

PHILIPS SHE4205 イヤホン インナーイヤー ブラック SHE4205BK【国内正規品】
耳にひっかけて音を聞くタイプのイヤホンです。
密閉型ではない分、周囲の音が聞こえやすいので
電車の中など周囲がうるさいところで英語を聞くには適しません。
また、音漏れしやすく、シャカシャカ音が周囲の人に聞こえやすいです。

ただ、周りの音に注意する必要がある時や
耳に圧迫感があるのが嫌な人は、このタイプを選んだ方がいいです。



(3)カナル型

木製イヤホン 高音質 Himino有線カナル型 ステレオイヤフォン ヘッドホン フィット感抜群イヤホン iPhone / Androidなど対応
このような耳栓タイプのイヤホンを「カナル型」と呼ぶのですが、
私が英語学習に最もお勧めするのがこのタイプです。

密閉型なので、周囲の雑音をかなりシャットアウトしてくれます。
電車での移動中や、水をザーザー流しながらお皿を洗っている時などは
音量をそこまで上げなくても音が聞きやすいです。



2.ワイヤレス(Bluetoothタイプ)であること


次に、コードの形状も大事なポイントです。

(1)差し込み型

【通勤・通学に最適】B10 SoundPEATS サウンドピーツ イヤホン 高音質 カナル型 [メーカー1年保証]コンパクト 軽量 着け心地抜群 ステレオイヤフォン カナル型イヤホン ヘッドホン ブラック

プレーヤー本体のイヤホンジャックに差し込むタイプのイヤホンです。
ながら聞きをしていると、コードが引っかかって邪魔でストレスなので
ながら聞きを快適に続ける点ではあまりお勧めしません。

ただ、充電が必要ない手軽さはあるので、新幹線で座っている時などは
私はこのタイプも使っています。



(2)Bluetooth型(ワイヤレスでプレーヤーとイヤホンを接続)

TaoTronics Bluetooth4.1ステレオイヤホン、マグネティックヘッドホン、 イヤーバッド イヤーフック付け、内蔵式マイク TT-BH07 改善版(黒)
これが私が2017年現在、最も愛用しているタイプです。
プレーヤー本体とはワイヤレス接続です。
家事や移動中に、手元でコードがブラブラする不快感がありません。

ただし、プレーヤー本体がBluetooth対応でない場合は使えません。
(Bluetoothについては、こちらのページも参考にしてください)



(3)Bluetooth&完全ワイヤレス型

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル ブラック WF-1000X B
首の後ろのコードすらない、完全ワイヤレスタイプ。
私もいくつか買って試しているところですが、
今のところ、このタイプは高額なものが多いのと
小さすぎて扱いづらいのとで、まだメインにはなっていません。

今後、お気に入りの機種が見つかったらご紹介しますね。



2017年現在、私のお勧めの英語学習用イヤホン


というわけで、現在私が愛用しているのは、
カナル型かつBluetoothタイプのこのイヤホンです。

色違いで2本持ちしていて、長時間外出する時などに充電切れに備えています。
(最大5時間の連続再生が可能)




安価で、耳によくフィットして周囲の雑音をシャットアウトしてくれるのと
イヤホンヘッドに磁石がついているので、
使わないときは首にかけて磁石をくっつけておくと落とす心配がありません。
(コードレスのイヤホンは、すぐ落として無くしてしまうんです・・・)


そして、もう一つ愛用しているのが、以下です。
これもカナル型でBluetooth対応です。
最大4時間連続再生可能。



これの何がいいかというと、ボタンの凸凹がはっきりしていて
私にとっては上のイヤホンより再生や停止の操作がしやすいことと、
余計な点滅がないので寝室で使うのに重宝することです。
(上のTaotronicsは、電源が入っている間はずっと点滅します)



ソニーのウォークマンのヘッドホン一体型


そして、Walkmanのヘッドホン一体型も使っています。



このウォークマンは、ただのワイヤレスイヤホンではなく
音源が収納されている本体との一体型です。

つまり、このイヤホン部分だけで完結しているmp3プレーヤーです。
プレーヤーをポケットに入れる必要もなく、耳にこれをひっかけたらおしまい。

本体と一体型なのでイヤホンだけよりは当然高いですが、
運動中など、プレーヤー本体を持ち歩きたくない
(または持ち歩けない)場合はお勧めです。


ただし、このwalkmanには注意点があって、
まず、外の音を聞きやすくする「外音取り込み機能」が搭載されているので、
安全を確保する必要があるマラソンランナーなどにはとてもお勧めなのですが、
周囲の音をシャットアウトしたい人には向いていません。

そして、ソニーは他のツールと互換性がない場合が多く
私が愛用しているaudible.com(オーディオブック購入サイト)のデータも
ウォークマン本体にそのまま取り込むことはできません。
iTunes経由などでできないことはないのですが、設定がいろいろ面倒です。

私自身は、audible以外の英語を聞くためのものと割り切って
ジムなどで利用していますが、コードが首に擦れる雑音などもなく
イヤホンとしてはとても快適です。



英語学習にお勧めのイヤホンまとめ


以上、英語学習にお勧めのイヤホンをご紹介しましたが
英語のリスニング用にイヤホンを買う場合は
amazonのレビューとかはあまり参考にしなくていいと思います。

レビューはほとんど、音楽を聴く際の音の良しあしが書いてありますが
英語学習者と音楽を楽しみたい人とは求めるものが違いますし
英語には重低音とか高音がどうとか全然関係ないので。

それよりも、
周囲の音が聞こえたほうがいいか、聞こえない方がいいか、
音漏れがしにくいか、ボリュームを上げないと聞こえにくいかどうか、
そういった自分の目的で選ぶことが大事です。

また、耳の形状は一人ひとり違うので、
私には合ってもあなたには合わないということももちろんあります。
なので、いろいろ試しながら自分の耳にフィットするものを選んでくださいね。


最後に、イヤホン含めた、英語学習者に必要なツールについては
以下のページで詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてください!

英語学習に必須の三種の神器【2017年版】(MP3プレーヤー、Bluetoothイヤホン、防水スピーカー)



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ