『沈黙 -サイレンス-』は映画を字幕なしで楽しんでみたい人にお勧め



夫と一緒に遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の
『沈黙 -サイレンス-』を見てきました。


いやー、あの映画は見た方がいいですよ!

キリスト教弾圧下の江戸時代に
日本に渡ってきたポルトガル人宣教師が
信仰を貫くか、棄教して信者の命を救うかという
究極の選択を迫られ苦悩するストーリーなのですが、

信仰とは何か、宗教とは何か、
「人の役に立つ」とは一体何なのか、

自分の使命と信じる道を行くことが他人を不幸にするなら
何をするのが正しいのか、すごく考えさせられました。

途中から涙が止まらず・・・
夫も私より泣いていました。

ストーリーももちろん素晴らしいのですが、
英語に携わる身としては、あの映画の英語にも
ぜひ注目して見ていただきたいな、と。


舞台は江戸時代の長崎で、その辺の貧しい村人がみんな英語ペラペラという
冷静に考えたらツッコミどころしかないのですが(笑)
宣教師の英語のセリフもゆっくりですごくわかりやすく、
村人たちの英語も、日本語訛りもあって私たちには聞き取りやすいです。

鎖国時代にキリスト教が弾圧され、踏み絵が行われ・・・という
私たちも知識としてはよく知っている話なので、ストーリーも頭に入ってきやすいですし。


窪塚洋介さんが、キチジローという
ちょっと、いやかなりのダメ男(劇中では重要な役)を演じています。

“Bless me, Padre, for I have sinned.”
(お許しください、神父様。私は罪を犯してしまいました)
と懺悔をしているシーンですが、現在完了もバッチリ使いこなしています。



通辞(通訳)の役を演じていたのは浅野忠信さんでしたが、
さすがクォーター、英語がやっぱりすごく上手でした。



イッセー尾形さん演じる井上筑後守(いのうえちくごのかみ)は
宣教師や信者に信仰を棄てさせようと様々な方法で追い詰めていくのですが、
単なる悪人ではなく、いろんな葛藤のある人物として描かれていました。

英語のセリフが長いのもあって難しい役どころだったと思うのですが、
スコセッシ監督からは演技が絶賛されたようです。
(私は、ちょっと英語の話し方が仰々しすぎるかなと思いました・・・)

“The price for your glory is their suffering!”
(お前のせいで奴らは苦しむのだ)

下に載せている動画の1:20あたりで井上筑後守が
こう主人公のポルトガル人宣教師ロドリゴに言い放つのですが、
これがこの映画における象徴的な言葉です。

gloryというのは、キリスト教の福音を日本に広めるという
宣教師たちの使命の遂行を指していますが、
その代償(price)は信者となった日本の民の苦しみだということですね。

キリスト教への信仰心など持たなければ、
信者たちは厳しい拷問の末に酷い死に方をすることもなかったのに、と。




「映画を字幕なしで楽しみたい!」

という目標を持っている方はたくさんいると思いますが、
「沈黙」ならそれに近い感じが体験できる人も多いかもしれません。

ハリウッド側のキャストも、スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド、
スターウォーズのアダム・ドライバーにリーアム・ニーソンと豪華で、
演技は本当に素晴らしいです。

ぜひ、見に行ってみてください。


映画『沈黙-サイレンス-』予告動画



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ