時間がなく忙しい人でも必ず英語リスニング時間が確保できる方法

dbeec1fadd4e7ff76d269f57e636aad1_s

英語学習に限らず、人生において何に挑戦する場合でも
「時間がない」ということを言い訳にしては進歩がありません。

「私にはたっぷり時間があります。好きなだけ英語が勉強できます」
なんて人には、私は今まで会ったことも聞いたこともないです。
誰もが「時間がない、忙しい」と思っています。

でも、今より英語力を上げたいと思うなら
どうにかして勉強時間を捻出するしかないわけです。

特に、そこそこ英語が聞き取れるようになるには
最低でも1000時間は英語を聞く必要があります

1000時間を1年間で達成するには、
休みなくほぼ毎日3時間英語を聞く必要があります。

毎日3時間は無理なので2年間で達成しようと思うなら、
平日の5日間に毎日2時間で1000時間達成です。

とは言え、「自分は忙しい」と思っている人が
(たとえくだらないテレビを見たりネットサーフィンをしてる人でも)
いきなり毎日の勉強時間を2時間増やそうと思っても
なかなかうまくはいかないですよね?

私は10年ほど前に英語のやり直しを始めたのですが、
ほとんどの人と同じように「時間がない、忙しい」と思っていて
英語を机で勉強する根性がありませんでした。

その結果、「耳が暇な時間」を徹底的に活用することに決めました。

耳が暇な時間とは、
「目や手はふさがっているけど、耳は空いている時間」
のことです。

たとえば、皿洗いや洗濯物干しなどの家事をしている時に英語を聞く。
手と目は忙しいけど、耳は暇ですからね。

お皿を洗っている時って、もちろん手は濡れて泡々なので
テキストをめくったりすることはできませんし、
目は手元を見ていないといけないので、何かを読むことも難しいです。

でも、お皿洗いの時の「耳」はどういう状態かと言うと、
テレビの音声とか、家族の声とか、その他の生活の雑音が聞こえるだけですよね。
なので、こういう時間をリスニングに費やすのです。

(イヤホンを使うとお子さんの様子が分からなくて困るという場合は
 イヤホンは使わずに普通にスピーカーから音声を出すか、片耳だけイヤホンにする)

私の場合は、

・料理しながら
・皿洗いをしながら
・洗濯物を干しながら
・洗濯物を畳みながら
・部屋の掃除をしながら
・ウォーキング、エクササイズ中
・通勤時間
・入浴中
・スーパーで買い物中

などなど、机で勉強はできなくても英語を聞ける時間
たくさんあることがわかりました。

たとえば、今はもうやっていませんが、
以前は湯船につかりながらラジオ講座を聞いていました。

当時、NHKのラジオ英語講座と英語ニュースが
午後10:20から11:15に放送されていたので、
毎日、この時間にお風呂に入ることに決めてました。

防水ラジオで番組を聴きながら

「繰り返して口に出してみましょう」
「○○のつもりでロールプレイングしましょう」

という指示があったらその通り声を出して、
シャドーイングできるレベルの英語の時はシャドーイングも頑張ってました。

番組が終わって、脱衣所でパジャマを着ながら
その日に習った表現をブツブツ口に出してみたり。

体を拭いてパジャマを着ている時というのも、口と耳は暇ですからね。

・・・きっと、「そこまでする?」みたいに思う人もいるでしょうけど、
私自身は、「あー私って時間を有効活用してる!」と
自己満足で楽しみながらやってたので、すごく長続きしました。


それから、運転しているときはずーっとシャドーイングしていました。

私はシャドーイング歴10年以上で、
10年以上、1日に1時間を毎日続けています。

ボキャブラリー教材を聞くこともあれば、
オーディオブックのこともあったし、
イディオム(熟語)も通勤の車の中で大量に覚えました。

単純にシャドーイングを1日1時間を10年間続けたとしたら
3650時間ですから、すごいですよね。

今は、車での通勤のときに英語を聞くのが日課です。
10年近く、運転中は必ず英語を聞く毎日を送っていることになります。

楽だからこそ長く続けられているのですが、
単純に週5日、片道30分の通勤時間の英語学習を10年続けたとすると、
合計、なんと2400時間にもなるんです。

10年前は全く気づいてなかったんですが、
間違いなくこの積み重ねが現在の私を支えてくれています。

1日で考えると大したことのない時間でも、
これが毎日となると、本当に膨大な時間の積み重ねになります。

ぜひ、あなたも今日から「耳が空いている」時間を有効に使って
リスニングを日常生活に取り入れてみてください。

ながら聞きに必須のイヤホン、ウォークマンについての記事はこちらをどうぞ。
⇒ 英語リスニングに適したイヤホン・ウォークマンは?

私が実践している具体的なながら聞きの方法についての記事はこちらをどうぞ。
⇒ 英語学習に絶対必要なもの・iPodなどのMP3プレーヤーは英語学習の強い味方!


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ