精聴と多聴、それぞれが欠けると起こる重大な問題点ー英語が聞き取れるようになるには、どちらもバランスよく取り組むことが必要

music-791631_640

精聴: 一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指す。
多聴: 一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指す。


参考:
リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編)
リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(多聴編)

これらの二つは、リスニング学習の「両輪」です。
どちらも重要です。どちらも欠かすことができません。

でも、私の知る限り、
これらの両輪にきちんとバランス良く取り組めている人はほとんどいません。
どちらかに偏った人ばかりです。

精聴に偏りすぎるとどうなるか?

全部を隅々まで聞き取る・・・という「精聴」は
すごく大切なトレーニングです。

でも、精聴ばっかりやっていたら、どうなるでしょう?

初めて見る映画やニュースが
一発で聞き取れるようになるでしょうか・・・?

答えは、
ならないです。

繰り返しますが、精聴は、一語一句細かく聞き取る練習です。

であれば、自分にとって少し難しかったり
知らない単語が含まれる文章を聞く時に、
「聞き取れない部分があるともうダメ!パニック!」となってしまいますよね?

また、精聴というのは、ディクテーションやシャドーイングに象徴されるように
何度も再生しながら聞き取ったり、自分にとって簡単な英語を発音していくので、
精聴の訓練だけでは英語のスピードのまま情報処理ができないんですね。

どんどん流れてくる新しい情報を一瞬で捉えて
理解できた部分から推測して処理していくというトレーニングが全く不足してしまいます。

たとえばTOEICのように、初めて聞く内容の英語が
どんどん流れてきたら、どうなりますか?
ストップも巻き戻しもできないですよね?

あなたが精聴に偏った勉強をしてきたなら、

「単語は聞こえるけど英語のスピードに全然ついていけない」
「意味ある言葉として頭の中に入ってこない」

ということになっているはずです。

だから、「精聴」ばかりやっていると、
「聞き取れた部分の内容からうまく全体像を推測して大意を取る」(つまり多聴)
ことが全くできなくなってしまうんですね。

多聴に偏りすぎるとどうなるか?

じゃあ逆に、「多聴」ばっかりしかしなかったらどうなるでしょう?

毎日いろんな素材をたくさん聞き流して、細かい部分は分からないところもあるけど
だいたい意味が取れる、で満足していたら・・・・・?

答えは、
いつまでたっても「何となく分かる」から進歩できません。

「何となく、だいたい分かるかな・・・でも細かい所は・・・」
あなたはこの状態でモヤモヤしていませんか?

もしそうなら、あなたは多聴に偏りすぎなのかもしれません。

では、
「何となく、だいたいは分かるけど完全に分からない」
という状態は、どうして起こるのでしょうか?

ずばり、

・ 語彙力、文法力不足
・ 知らない熟語や慣用句のせい
・ 発音を間違って覚えているので聞き取れない
・ リエゾンで音が変化しているので聞き取れない

こういう問題があるから、聞き取れていないのです。
心当たりはありませんか?

たとえば、発音を間違って覚えていた、という場合。

多聴で全体を聞き流して「だいたい分かった」で済ませていた場合、
発音の勘違いには気づかず終わってしまいます。

一方、精聴に取り組めば、
発音を間違って覚えていたことには100%気づけます。

こんな風に、多聴の「だいたい、何となく」を補って
聞き取りの正確さを増してくれるのが精聴です。

どちらもバランスよくやってください

ここまで読んでお分かりかと思いますが、お互いがお互いの弱点を強化し
足りないところを補完してくれているんですね。

だから、精聴と多聴のどっちもバランスよくやらないと
高いリスニング力は身につかないんです。

精聴・・・ 聞き取りの正確さを鍛える
多聴・・・ 情報を瞬時にたくさん処理して全体像を推測する力を鍛える

どちらも、重要です。
どちらが欠けてもダメです。


さて。

あなたのリスニング学習は順調ですか?
もしあなたが、「順調に行っていない」という場合、
ちゃんとその原因を分かって対策を立てていますか?

過去に、「精聴に偏った人」「多聴に偏った人」の両方の事例を挙げ、

「だからあなたは英語が聞き取れるようにならないんです」

というそれぞれの原因を明らかにしました。
内容を忘れた方は、ぜひ以下のページを読み直してください。

◎精聴に偏った人の事例と解決策:
⇒ 同じ英語をスクリプト通りに聞こえるまで何度もリスニングしても、映画や海外ニュースは聞き取れるようにならない

◎多聴に偏った人の事例と解決策:
⇒ 英語ニュースとドラマでリスニング力が上がらない理由

あなたは、精聴に偏った勉強をしてきたのでしょうか?
それとも、多聴に偏った勉強をしてきたのでしょうか?
あるいは、両方とも足りていないのでしょうか?
そして、その問題点を修正していますか?
適切な教材を選び、正しい方法でリスニングに取り組んでいますか?


次のページでは、私自身が過去に精聴と多聴のどっちに偏った勉強をしていたのか、
それをどう克服したのか、その結果どうなったのかをお伝えします。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ