英語ニュースとドラマでリスニング力が上がらない理由

woman-391555_640

・英語を一語一句聞き取る練習でリスニング力を伸ばす勉強法「精聴」
・聞き取れない英語を推測する練習でリスニング力を伸ばす勉強法「多聴」

でご説明したように、精聴とは、
一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指します。

その一方、多聴というのは、
一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指します。

これらの二つは、リスニング学習の「両輪」です。
どちらも重要です。どちらも欠かすことができません。

でも、私が知る限り
ほとんどの人は「どっちか片方」しかやっていません。
どちらもバランスよくできている人は本当に少ないです。


たとえば、

「一語一句聞き取れないと気が済まない」とばかりに
同じものをひたすら聞き続け、細かいことを気にし続ける人は
「全体をざっくりとらえる」という訓練が全くできていません。

→ このパターンにはまっている人、とても多いです。

逆に、
「毎日海外ドラマとニュースを見ています!」という人は、
「全体をなんとなくざっくり」の訓練はできても
(聞き取れるようになるかどうかは別の話)
一語一句しっかり聞き取るという勉強が全くおろそかになっています。

→ このパターンにはまっている人、さらに多いです。


以前、こんな相談をいただいたことがあります。

「毎日ケーブルテレビの英語ドラマやニュースで勉強して3年になります。
『聞き流し』ではなくちゃんと聞いているのに、
 TOEICは600点台のまま変化がありません。
 どうしたらいいでしょうか?」


で、よくよく聞いてみると、「聞き流しではない」とご本人がおっしゃるのは
「集中もせずにぼーっと耳に音を入れているだけではない」
という意味のようでした。

ご本人なりに「英語を集中して聞き取ろうと努力している」と。

でも、スクリプトなどは使っていないし
放送を見ているので、同じものを聞き直したりもしていないとのことでした。


で、この方への私の回答はというと、
そういうのが「聞き流し」なんですね。

この方の聞き流しの解釈は、おそらく
「単に音が右耳から左耳に流れていること」だと思いますが、
それだと聞き流しですらなく、ただの「雑音」ですよね。

残念ながら、英語の生の素材(海外ドラマや英語ニュース)を
1回きり放送時間にだけ聞いても、リスニング力はほとんど上がりません。

このやり方で十分な効果があるのは、すでにTOEICのリスニングは
満点近いというような高いレベルの方だけです。


リスニング学習というのは、特に中級者までは

・ニュースやドラマではなく学習者用の教材で訓練する
・同じものを繰り返し聞く
・聞き取れなかったところをスクリプトで確かめる

という作業が不可欠です。

ケーブルテレビで英語を聞いている時の状況を思い出しながら
聞いていただきたいのですが、
生の英語をナチュラルスピードで聞きっぱなしにしていては

・出てきた単語を知らなくても確認して覚えることもできませんよね?
・聞き取れなかった部分を巻き戻して聞きなおすことも無理ですよね?
・スクリプトを見て確認をしたりという作業もできませんよね?

この状態が、私の理解では「聞き流し」に相当します。
たとえ集中して聞いていたとしても、です。

何度も聞きなおしたり、確認したりという作業があってはじめて、
聞き取れなかった音が聞き取れるようになるんですね。


たとえば、何年間もアメリカに住んでいて
毎日英語のテレビをつけっぱなしにして英語を頑張って聞いているけど
全然英語が聞き取れるようにならない・・・というお悩み、よく聞きませんか?

この方のお悩みは、この問題の原因と本質的には同じです。

聞いたら聞きっぱなしで、

・聞き取れなかった部分を確認する
・自分の弱点と聞き取れない原因を把握して修正する

という作業をしない限り、
何百時間英語を聞いても、大きな変化は望めません。

1.何度も聞く
2.確認する

という作業を、これから必ずリスニング学習に取り入れてくださいね。

この方は今、

「英語の語順のままでそのまま理解できるときもあるけど
 聞き取れないときは全然聞き取れない」

という状態ではないかと思います。
そうであれば、もっとあなたのレベルに合った素材で
大量に英語を耳に入れ、それを確認することが重要です。


「私もこの人と同じことをやってた!
 だからいつまでたっても聞き取れるようにならなかったのか」

ってドキッとしたかもしれません。

今回の記事のタイトル、
「英語ニュースとドラマでリスニング力が上がらない理由」ですが
英語ニュースと海外ドラマがダメなわけではありません。

でも、これらの聞き流しで十分な学習効果があるのは
TOEIC900点なんか余裕で超えるような上級者のみだということを知っておいてください。

そうでない場合は、ニュースやドラマを素材として使うとしても

・スクリプトがあるもの
・聞き取れなかった部分を聞き直すことができるもの

を必ず使うようにしてくださいね。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ