ビジネス英語力とTOEICスコアを一挙にアップして、ビジネス現場で飛躍 -TOEIC(R)テスト650点突破マラソンの感想-

※このページは、「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」の紹介記事ですが、
この教材は「TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム」にリニューアルされています。


TOEIC

1.「TOEIC対策のためのTOEIC教材」

2.「ビジネス英語をマスターしつつ
  気づけばTOEIC対策になっている教材」


あなたは、どちらがいいですか?

・仕事でTOEICのスコアが必要だけど、現在の実力は500点そこそこ・・・
・英語、苦手だったわけじゃないけど、もうほとんど忘れてしまったし・・・
・英語を一体何からどうやり直せばビジネスで使えるレベルになれるのだろう・・・



仕事で英語が必要、TOEICの点数もないと困る。

リスニングも勉強しなきゃいけないし、ビジネスで英語を使うには
もちろんボキャブラリーも、スピーキングも、リーディングも必要。

英文メールだって書けないと困るし・・・

でも、英語なんてこれまでまともに勉強したことないし
どこから手をつけていいのやら・・・

毎日仕事が忙しいからあまり勉強時間も取れないし、
自己流で効率の悪い勉強をして時間を無駄には絶対にしたくない。

一体、どうすれば???

そういうお悩みをお持ちの方は、ぜひこの先を読み進めてください。


私はこれまで、TOEICの点数アップについてあえて多くを語らないでいます。

英語力を測る単なる一つのものさし以上の意味をTOEICに持たせている
英語学習者がとても多い現在の風潮に、強い違和感と危機感を持っているからです。

そんな理由で、TOEICの擬似問題に終始している教材は、正直言って好きではありませんし、
だからこれまで、TOEICの教材を一度も紹介したことがありませんでした。

でも同時に、仕事で本当にTOEICの点数が必要な方からご相談いただいても
私がちゃんと中身を見て心からお勧めできる適切な教材がありませんでした。

そこで、TOEIC教材を手に入れてみることにしました。

見ての最初の感想。

「え、これがTOEIC用の教材??
 単なるTOEIC対策というより、ビジネス英語用の教材じゃん」


この教材は私の予想に反して、
単にTOEICの点数が一定レベルをクリアするという目的のためではなく、
仕事の現場で実際に使われるビジネス英語が学べる教材でした。

実際、仕事でTOEICの点数が必要な人って、
TOEICの点数さえ良ければいいなんて人はいないはずです。

ちゃんと仕事で使えるレベルの英語力を身につけたいと思っているはずです。

楽天やユニクロで英語が公用語になったことが少し前に話題になりましたが、
実は私が通訳翻訳者として働いている職場も、英語が公用語ってことになっています。

通訳や翻訳がすぐに不要になるとは思いませんが、
どんどん「仕事に使えるくらいの英語力は持っているのが当たり前」な
環境になりつつあると感じています。

この一連の英語公用語についての議論は、かなり盛り上がりましたよね。
反対派からは、「英語さえできれば仕事ができなくてもいいのか」という意見が多く聞かれました。

でも、冷静に考えてみれば、英語話者が多く在籍する職場で、
英語ができないのに「仕事ができる」と真の意味で言えるのでしょうか?

私の経験から言えば、それはあり得ません。

実際に私の職場でも、(その職種で英語が必要なのに)英語ができない人は
たとえ他のパフォーマンスは良くても、それだけで評価が下がってしまっています。



「彼は英語力が不十分で、外国人上司とのコミュニケーションや
 外国人部下の管理が満足にできないので、昇進させない」

「このプロジェクトは英語力が必須なので、彼には任せられない」

とかいう決定が、通訳として出ている役員会議でいつも話し合われています。

残酷かもしれませんが、少なくとも、こういう状況では
「英語ができない=仕事ができない」ということになってしまっているわけです。

仕事でチャンスをものにしたいなら、
腹をくくってビジネス英語をやるしかない世の中なのです。


でも、自分がいざビジネス英語を身につける必要に迫られたとき
それまで英語の勉強の積み重ねがなく、
受験のときに勉強したことなんてすっかり忘れてしまっていたら、
さて・・・何をどこからどう勉強したらいいのか・・・と困りますよね?

そこで、はっきりした道筋を示してくれるのが、このTOEIC(R)テスト650点突破マラソンです。


TOEIC(R)テスト650点突破マラソンの中身

TOEIC対策

TOEIC(R)テスト650点突破マラソンは
4ヶ月の講座です。

短期集中でがっつりやるのに
向いています。


TOEIC対策

一日の学習は、ディクテーションでスタート。

TOEIC対策でいきなりディクテーション?と
最初はびっくりしましたが、(笑)
ディクテーションはほんとにお勧めです。

自分の弱点が悲しいほどはっきり見えるので、
短期間で英語力を伸ばしたいなら
やらない理由がない勉強法。

ビジネス英語

次のページも、TOEIC対策というよりは
英語力そのものを伸ばすトレーニング。

・スラッシュリーディング
・リピーティング
・語句の並び替え問題

がこの見開き2ページにあります。


えいみが一番注目したのは、ページの下の文法ワンポイント解説。

受験のときに覚えたような・・・でももう忘れたかも・・・(汗)という、
TOEIC650点突破に欠かせない超重要文法ポイントが毎日復習できます。

「時と条件を表す副詞節」「one と it の違い」「使役のmake」など
どれも、「ここ必ずテストに出るよ!」レベルの必須知識です。

これをマスターせずして英語力の底上げは無理!というポイントを
こんな風に毎日効率よく復習できるなんて!

と、個人的にはここが一番気に入りました。


TOEICボキャブラリー

1日のレッスンのしめくくりは
ボキャブラリーの復習。

この日はクロスワードパズルですが、
ただのお遊びのクロスワードじゃなく
ビジネス英単語のクロスワードです。

「子会社」「破産」「合併する」「収益」
など、ビジネスの現場では必出の単語ばかり。


TOEIC語彙

この日はあみだくじ形式(?)の単語の復習。

ここでも出てくる単語は
「最高経営責任者」「同僚」「士気」など。

ビジネス英語に直結する単語を
ゲーム感覚で復習できます。




TOEIC対策

TOEIC(R)テスト650点突破マラソンなので、
もちろんTOEIC形式のページも。

Weekend TOEICでは、がっつりTOEIC形式の
練習問題があります。


TOEICスキャニング

このページはスキャニング術習得10分講座

多くの人が苦手なパート7の読解問題で
どういうポイントを押さえて必要な情報だけ
とらえるかというスキャニング技術の解説。

TOEICでどうしても結果を出さないと
いけない人には心強いですね。



(※)スキャニング・・・文章を全部読むのではなく、重要な情報だけを「拾い読み」するテクニック


見ていただいてお分かりのように、
TOEIC(R)テスト650点突破マラソンは、単なるTOEIC教材というよりは
「ビジネスパーソンのためのビジネス英語教材」です。

TOEICのためのTOEIC対策教材ではなく、
ビジネスに直結する英語力を身につけながら、TOEICスコアアップも同時に狙う。

そんな教材なのです。

あなたは、どちらを選びますか?

  ↓  ↓  ↓

TOEIC(R)テスト650点突破マラソン

※このページは、「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」の紹介記事ですが、
この教材は「TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム」に変更になっています。ご了承ください。


えいみだったらTOEIC(R)テスト650点突破マラソンをこう使う

私が今この講座を実際に受講してTOEIC点数アップと
ビジネス英語の習得を目指すならどうするか、お教えします。

・毎日通勤時間にCDを聴く

通勤中なども効率よく学習に当てられるような音声中心の構成になっているので、
通勤電車(私は車通勤ですが)で毎日聞きます。

テキストを実際に読むことができる電車通勤だったら、
頭の中でディクテーションの穴埋めや単語テストをしますね。

で、その日のレッスンしか聞かないのはもったいないし、通勤時間が余ると思うので
前日、前の週、前の月のレッスンなども、通勤時間にどんどん聞いて復習します。

これを毎日続ければ、リスニング力が鍛えられるのはもちろんですが、
ビジネスシーンで必須の単語が効率よくどんどん身に付かないわけないと思いませんか?
実際に、私はいつもこうやって通信講座を利用してきています。

⇒ TOEIC(R)テスト650点突破マラソンの詳細はこちら

※このページは、「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」の紹介記事ですが、
この教材は「TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム」に変更になっています。ご了承ください。



TOEIC(R)テスト650点突破マラソン受講者さんからの感想

K.N.さん(女性) TOEIC515点(受講前)→ 660点(受講後)

TOEIC650点突破マラソン(2009.11~2010.4)終了

<続けられた理由>

・ 教材のレベルが自分に合っていたこと…適度に難しいと感じるレベルだったので、
  飽きずに続けることができたように思います。
・ 1日に学習する量、時間の目安が明記されていたこと
・ 受講期間はほぼこれだけに教材を絞ってやったこと…手を広げないようにしました。
・ 教材の内容がバリエーションに富んでいたこと
・ 計画に予備日を入れていたこと…予定外のことがあって学習できなくても、
  予備日を使って合わせることができました。

現在、小学校の英語のお手伝いに行っていまして、ネイティブの先生とお話しする機会があるのですが、2ヶ月目くらいで英語を聞いて話すことが、ふと楽になっていることに気付きました。
これはテスト対策だけでなく、講座の学習が英語力全般の向上に役立っているということかなと感じたのですが、いかがでしょうか。教材を初めて見たときに、正直に申しまして現在のいわゆる新TOEICの傾向とは少し違うのでは、と思いましたが、講座の方針として説明されている通り(テクニックだけではない英語力の向上)だと思います。

さらにSpeed Readingやコラムは、Part7の長文対策にとても役立ちました。まだ十分ではありませんが、「全部を読まずに解ける問題がどれか」を判断できるようになり、「全部を読まずに解ける問題」が以前よりもずっと増えてきたようです。

また、毎日の学習に加えて、TOEIC本番同様の質・量のPrimary test, Final testと1/4量くらいのMonthly testが4回、と
テストが充実していました。本番前の復習に再度解き直ししましたが、質・量とも自信がついたと思います。

内容ではありませんが、教材が送られてきて1カ月頃に「そろそろ1回目のマンスリーテストを提出する時期ですが、いかがでしょう?」といったハガキが送られてきて、何気ない1枚ですがとても嬉しく感じました。教材を送りっぱなしでない温かみというのか、待っているから頑張って、と言っていただいたようで、大人とはいえありがたいものですね。(HM中級にはありませんでしたが、初受講のためだったでしょうか)学習相談室にも数回お世話になり、講座の感想をマガジンアルクにも載せていただきました(*^_^*)(図書カードをいただきました♪)

えいみ様のおっしゃる通り、私も教材オタク、学習法オタクになりかけていたのだと思います。アルクの講座も横目に見つつ、でも自分の力でもっと安くうまくできるだろうとうろうろうろうろ…ホントにこの時間は無駄でした。(無駄とわかっただけでも進歩かもしれませんが)えいみ様のHPに出会って、そこで確信は持てなかったものの、「(高くついても)まずこれだけ投資してみよう」と思い、650点マラソンを申し込んだのが、昨年の10月です。今では大変後悔しています、「なぜもっと早くやらなかったのか」と。元を取る、ということも本当にそうでした。英語力云々というより私の覚悟の問題ですね。

えいみより

> 教材を初めて見たときに、正直に申しまして現在のいわゆる新TOEICの傾向とは少し違うのでは、と思いましたが、講座の方針として説明されている通り(テクニックだけではない英語力の向上)だと思います。

私もおっしゃるとおりだと思います。TOEICテスト650点突破マラソンをTOEICの点数を上げることだけ考えて受講するのはもったいないですよね。ここで身につけた英語力が早速お仕事でも役立っているとのこと、素晴らしいです!ステキなご感想をお寄せくださり、本当にありがとうございました。


R. U.さん(男性)

英語を聞くのが苦でなくなりました。
また、スッと英語が入ってくる瞬間があるようになりました。
後ろから訳すのではなく、なんとなく英語のまま、語順どおりに意味をつかめるようになりました。
英語サイトを読んでみよう、という気になってきて、少しずつ読み始めています。

えいみより

英語の語順のまま理解できるようになると、英語学習がどんどん楽になってきます。また、リスニングで語順のとおりに理解できる訓練をすることで、リーディングにも良い影響が出るんですよね。リーディングでついつい返り読みをしてしまう人でも、リスニングは返し聞きってできないので、語順のまま理解できる癖がつくんです。

TOEIC(R)テスト650点突破マラソンを特にお勧めする人

  • TOEIC500点~600点程度、英検準2級~2級(えいみ目安)
  • 仕事で英語が必要だが、何から手をつけていいか分からない人
  • TOEICが昇進、海外赴任などの条件になっている人
  • 仕事の現場で使える本物のビジネス英語を身につけたい人

自分にはどのレベル合うのだろうか・・・と悩む場合は、
まずは、アルクのページでサンプルを確認してください

⇒ TOEIC(R)テスト650点突破マラソン

※このページは、「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」の紹介記事ですが、
この教材は「TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム」に変更になっています。ご了承ください。

これは、超重要です!!最後に頼りになるのは、自分の感覚です。

サンプルは、アルクの販売ページの
右側の「教材を体験する」というところから、実際の音声が聞けます。


えいみのここだけ限定無料プレゼント 

このホームページから方アルクの各種TOEICテストマラソンをお申し込みの限定
以下を無料でプレゼントしています。

(特典をご希望の方は、必ずえいみ特典プレゼントの受け取り方をお読みください)

■特典その1■ えいみの新作レポート
「あなたがライバルを押しのけて選ばれる人になるための9つの秘密」



このレポートは、あなたが「ぜひうちで働いてほしい!」と言ってもらえるための
就職・転職活動を成功に導く必勝法を書いたものです。
本当に会心の出来に書き上がったので、実は販売するつもりでした。

でも、就職活動がうまくいかないという読者さんからのメールをたくさんいただいて
このレポートが必ずお役に立つと思い、特典として提供することに決めました。

TOEICを受験することを考えている方は
おそらく転職活動、就職活動を見据えていると思います。

もしくは、すでに応募をしているけれど

・書類選考から先に進めない
・自己PRがうまくできない
・面接でいつも落とされる

といった状況に直面しているかもしれません。

あなたの転職活動がうまくいかないのだとしたら、
それは不況や年齢、あなたの経歴のせいもあるかもしれませんが、
それ以上に、あなたの「アピールの仕方」が大間違いである可能性が高いです。

というのが、私自身が大間違いのアピールを過去にたくさん受けてきているからです。

私自身、翻訳者などの採用もやっているので、
「こういうアピールができる人は良いな」「はっきり言ってこの応募動機は最悪だな」
といったことも、雇い主の立場からよくわかっています。

多くの人がやっている間違いや
あなたがぐっと魅力的に相手に映る自己アピールの作り方、
あなたが欲しいと相手に思わせる応募動機の作り方のテクニックをお伝えしています。

あなたがライバルを押しのけて選ばれる人になるための9つの秘密
レポートであなたが学べること

  • 「誠実に仕事をします」「やる気はあります」という自己PRがNGな理由
  • 未経験でも「経験はありません」と言ってはいけない理由
  • 「仕事の出来が悪くても許してね」という言い訳と取られてしまう自己PR
  • 未経験でも「この人なら任せられそうだ」と思ってもらえるアピール術
  • 私がTOEIC990点(満点)の応募者を不採用にした理由
  • 募集案内に書いていない隠された採用条件を見極める方法
  • 「やる気があります」と一言も言わずにやる気を強烈にアピールする方法
  • ほとんどの人は気づいていない、採用の決め手となる重要な要素
  • 応募書類を読まれることすらなく即不採用となるメールアドレスとは?
  • 相手の心をわしづかみにする応募書類の書き方
  • 志望動機で「子供が小さいので」「英語が好きだから」は絶対にNGな理由
  • 「まずは御社で経験を積みたい」「勉強させてほしい」が相手を怒らせる理由

また、このレポートの内容はこんな感じになってます。
これだけでだいぶヒントというか答えが書いてある感じですが・・・^^;

あなたがライバルを押しのけて選ばれる人になるための9つの秘密
レポートの章立て

  • 秘密1:あなたを雇うメリットが伝わる正しいアピールをする
  • 秘密2:否定語は使わない
  • 秘密3:数字を使う
  • 秘密4:募集案内に書かれない相手のニーズを見極める
  • 秘密5:やる気や人柄を相手にしっかり示してアピールする
  • 秘密6:用途にふさわしいメールアドレスを使用する
  • 秘密7:相手の好感を得ることに最大の努力を払う
  • 秘密8:自分の都合ではなく相手の立場から応募動機を述べる
  • 秘密9:相手のメリットと自分のメリットの交わる点を見つけ、
         相手の立場から魅力的なアピールをする
  • 最終章:自分の希望を述べつつ自分を魅力的に見せる方法

いかがでしょうか?

また、このレポートをいち早く読んだ方からこんなご感想もいただいています。
かなり核心をついた内容もあるので、これを読むだけでもかなり就職活動のお役に立つと思います。

特に、「最後の秘密」の、相手のメリットと自分のメリットの交わる点を見つけて、魅力的なアピールをするというところ、すごく心に響きました。相手のメリットを考えて提示することは今まで全くできていませんでした。

相手のメリットを提示するということは、相手が何を必要としているのかを知らなくてはいけないし、そこまで考えたことはなかった、というのが正直なところです。それに、自分のメリットと相手のメリットの交わる点があるとも思っていなかったです。いえ、本当にそこまで考えていませんでした。恥ずかしい限りです。

今回のえいみさんのレポートは、一見就職活動をされる人へのアドバイスとして書かれているようですが、実は、生きていくうえで、周りの人とコミュニケーションをとるために誰にとってもとても大切なことが書かれていると思います。特に私は就職活動の予定はないですが、これからの人生をもっとうまく生きていけるんじゃないか、と、そのヒントをたくさんもらったと思っています。

これからは、ちゃんと相手のメリット、自分のメリットについていろんな角度からよく見ようと思います。そしてちゃんと交わる点を見つけたいと思います。いつもいつも、私が向かうべき方向を具体的に示してくださり、本当に感謝しています。私がもやもやと言葉にできないものを、えいみさんは見事に言葉にして、クリアにしてくださいます。

どの「秘密」も「そうそう!」ばかりでした。もちろん「あ、痛たたたた……」だらけでもありました。そしてどの「秘密」も「仕事を得るとき」にだけ守ればいいというものではなく、仕事を得た後にも守るべきことだと思いました。

「秘密1」は痛いほどわかります。人事部で採用担当をした経験から「履歴書にこんなことを書かれても……応募してきている人みんなそうだと思うし……」としか言いようがないんですよね。雇う方はもっと他の肝心なことが知りたいのです。

「秘密2」は私、よくやっちゃいます。自己アピール時のみならず、仕事をする上でもなるべく避けたいことです。でないと自分で自分に「仕事ができない人」のレッテルを貼ってしまいます。私は秘密2に書いてあることをやりまくって、自分でレッテルを貼りまくって苦労しました。

つまり「否定語を使うことで自分の自信のなさを表明→能力のなさを無意識にアピールしちゃってる」ということです。本当にこれはやめたいです。というか、やめます。マイナスから0に持っていく大変さを身を持って経験しました。

「秘密3」、私はここに書いてあることをやらないこと(あるいは中途半端しかやらないこと)でかなり損しました。これを読んで「こうすればいいのか!」と学びました。特に翻訳を仕事としたい人にとって、これは「必須」だと思います。でないと、下手したらエージェントからの信頼を失ってしまいます。

「秘密4」に関しては「『自分なりに』考える」だけではダメなんですね。ひとりよがりになってしまいます。日頃から観察力と想像力を養っておくとともに、周りに助けを求めることも必要です。「こういうものだ」という思い込みは本当に危険ですね。。。

「秘密5」はある意味「秘密3」にもつながると思います。秘密3と5に共通する視点はかなり重要だと感じました。つまり「具体的にアピール」という視点です。

秘密3と5については「採用されたいならできる限りのことをすべし!」ですね。そして「採用されたとしても常に心がけるべし!」です。

「秘密6」は意外と盲点だと思います。偏見かもしれませんが、女性に多い気がします。私もかつてやっていました……ああ恥ずかしい……

「秘密7」、これはもはや「仕事で選ばれる、採用される」ためだけではなく、「いつも、いかなる場合においても」意識していなければならないことではないでしょうか。
秘密4とも相通じるものがあります。人とのかかわりを大切にしたいなら、この視点は常に持ち続けていなければならないと肝に銘じました。でも、こういう大事なことほど忘れがちなんですよね。。。

「秘密8」も「秘密4」「秘密7」と合わせて、就職転職する予定がない人であっても読むべき部分でしょう。これを心がけるだけで、生活がより豊かになると思います。

つまり4,7,8に共通する視点である「相手の立場に立ってみる」ということです。相手のニーズを常に考えて行動することで、自分も周りもハッピーになると思います。

「秘密9」は「自分も相手も満足」という人間関係におけるもっとも重要な状況を作るための最高のアドバイスです。そして今までの秘密1から8までの総まとめ+応用でもあります。

これをただ読むだけではなく、生活の中に取り入れると毎日がバラ色になることうけあいです。私も何度も読み返せるように、そして身につくように、PDFをiPhoneに入れて常に持ち歩いています。これは「就職活動で選ばれる人になる」という枠を超えた、より良い人生への道しるべだと思いました。

これは、もう”家宝”にしてもいいほどの貴重なレポートだと思います。

自分が翻訳の仕事に応募した時の文面を思い出しながら、またこれまで自分が書いてきた履歴書、面接での受け答えを思い起こし、まさしく「あのときは見事にダメな例だったんだな」なんて思いながら読みました。

ここまで秘密を明らかにしてくれた文章をみたことがありません
いつもえいみさんの書く文章を読んでいると思いますが、具体例が本当にわかりやすいです。

自分にも思い当たる節があり、正直少々耳が痛い言葉もありました。今まで(学生時代も含めて)、ここまで採用者側の立場に立って就職活動をしたことは無かったように思いますし、自分の都合だけ述べるとか、アピールポイントが曖昧であるとか、反省しきりです。

雇い主の気持ちになる、相手の立場で物事を考えるというのは、就活に限らず、円満な人間関係を築く基本であるし、それができて初めて自分の人生もうまく回っていくようになるのでは、と思いました。

私が最も読んでためになった部分は、相手と自分のメリットの交わる点を見つける(秘密9)と、特別章の家政婦さんの例でした。相手の要望に自分を盲目的に従わせるだけでは足りない、一歩踏み込んで自分のメリットとの一致点を見出すことによって自分が魅力的になるというのは、実現するのは難しそうですが、できたときは極めて強い志望動機になる上、仕事に就いた後でも、仕事の意義を見つめ直す原点になりうると感じました。

また、否定語は使わない(秘密2)、数字を使う(秘密3)、ふさわしいメールアドレスを使う(秘密6)は、ライバルを押しのけるための小技(良い意味で)ですが、「私、私!」で頭が真っ白になっている応募者にとっては改めて指摘してもらわないと気づかないでしょう。

とにかく、本当に興奮しながら読ませて頂きました。こんなボリュームのレポートを無料でいただけるなんて、えいみさんとの出会いに感謝です。重ね重ね、ありがとうございました。

いかがでしょうか?
このレポートはきっと、あなたの転職活動の強力な助っ人となると思います。


■特典その2■ 全5回サポートメール

TOEIC

だいたい2週間に1度、
あなたのメールボックスにお届けします。


  • 第1回: 「本当に」効果がある英語学習法
  • 第2回: 大きなブレイクスルーまでにかかる期間は○年?
  • 第3回: 多くの日本人が間違っている目標設定の方法
  • 第4回: 私のことは、私が一番わかってる
  • 第5回: 小さな成功体験を積み重ねる

あまりHPやブログでは書きたくないようなことを含め、かなり本音で語っています。
また、受講者さんに実際に課題を提出してもらって、私がそれを読んで答えることで
さらに学びを深めてもらう工夫もしています。

「このサポートのおかげで完走できた」
そうおっしゃってくださった方もいる、大好評のえいみサポートです。

受講者さんの感想はこちらから⇒ アルク講座受講者さんの熱い声

あなたが「独学で英語の達人」からTOEICテスト650点突破マラソンを申し込むだけで
えいみのノウハウのつまったレポートとサポートメールを無料で差し上げます。


この特典プレゼントの受け取り方は、こちらをお読みください。
   ↓   ↓   ↓



他のレベルのTOEIC講座にご興味がある場合は?

これをお読みの方が、それぞれTOEICの点数も違えば目指す点数も違うのは当然ですので、
同じアルクのTOEIC対策シリーズであれば、特典の対象とします。
具体的には、以下のいずれかの講座にこのホームページからお申し込みの場合
特典をプレゼントします。

TOEIC(R)テスト500点攻略プログラム
TOEIC(R)テスト650点突破マラソン
TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム
挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム

(※いずれもえいみ特典対象リンクです。)

そして、

・とりあえずTOEICの点数がないと海外赴任できない
・とりあえずTOEICでまともな点数じゃないと転職できない

など、TOEICの点数を上げることが目的の大きなウェートを占めているのであれば、
TOEICテスト650点突破マラソン等を選ぶと、戸惑うかもしれません。

というのは、TOEICテスト650点突破マラソンには、いわゆるTOEICテストの出題形式とは異なる
ディクテーション、リピーティング、スラッシュリーディングなどのワークが
ふんだんに盛り込まれているからです。

就職、昇進、海外赴任の条件にTOEICの点数が課せられているから
今はとにかく最優先でTOEICの点数を上げなければいけない・・・という方は
以下の講座(TOEIC攻略テクニックが中心)をお勧めします。

奪取550点 TOEIC(R)テスト解答テクニック講座
奪取730点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム

(※いずれもえいみ特典対象リンクです。)

もちろん、TOEICで目標の点数に達したら、
本物のビジネス英語力のレベルアップもお忘れなく。


あなたが「独学で英語の達人」からアルクのTOEIC講座をお申し込みいただくだけで
えいみのノウハウのつまったレポートとサポートメールを無料で差し上げます。


この特典プレゼントの受け取り方は、こちらをお読みください。
   ↓   ↓   ↓

このページの先頭へ