米国人スピーカーの講演会でのプロ通訳さんのお仕事を見てきました

アラン・コーエンさんというアメリカ人作家の
講演会に行ってきたときの話。

東京ならいざ知らず、私の住む広島では
外国人の講演が聞ける機会なんてめったにないんですね。

また、私自身はビジネス通訳者なので、
人を楽しませて人の心を動かすスピーチという場で
通訳さんがどんな仕事をするのか、とても興味がありました。


で、講演が始まった瞬間から、すごく驚きました。

通訳さんは、たぶん40代くらいの女性だったのですが
アラン氏のとなりにぴったりとくっついて、
彼の言葉を細切れに間髪入れず通訳していくんですね。

アラン氏: 「If you・・・」
通訳: 「あなたが・・・だったら」
アラン氏: 「then you will・・・」
通訳: 「・・・でしょう」

という感じで。

アラン氏と同じ声の調子で、ジェスチャーも同じ。

彼が腕を伸ばすと通訳さんも同じように腕を伸ばし、
彼が体をちぢこめると、通訳さんも同じことをしました。

彼が椅子から立ち上がると、通訳さんも立ち上がり、
彼が声を落とすと、通訳さんも同じように小さな声になりました。

まー、ビジネスシーンの通訳しか知らない私には
びっくりでしたね。

スピーカーのジェスチャーを真似るなんてまずしませんし、
スピーカーが怒って声を荒げていても
通訳は、もちろん言葉としては忠実に表現しますが
全く同じ調子で声を荒げたりはしません。

ビジネスの場では、状況によっては
あえて内容をトーンダウンして伝えることもあるくらいです。

でも、このアラン氏はスピリチュアル系の作家、講演家で
スピーチの内容も人間の内面や人生についてだったので、

アラン氏がとても楽しそうに体を大きく動かして話しているのに、
通訳さんが身動きひとつせず冷静にシラけた通訳をするわけには
いかないんですよね。

スピーカーの分身となって、同じ気持ちになって
彼の言葉を全て伝えないといけないわけです。



また、私の職場では、逐次通訳だと
1段落分くらいはスピーカーが一気にしゃべります。

通訳はメモを取りながら「何て訳そうかな」と考える時間があり
発言を聞きながら同時に辞書を引くこともあります。

何の話だろう?と最初にピンと来なくても
続きを聞いていけば、何を言いたかったのか分かって
全体がちゃんと訳せるということもよくあります。

30秒くらいはそういう時間の猶予があります。

あ、もちろん、猶予といっても、一生懸命話を聞いてメモを取って
正確な訳出に備えなければいけないわけなので、
ものすごく集中して緊張してはいるんですけどね。

でも、昨日の通訳さんの場合は
1秒から長くても3~4秒くらいずつでどんどん
アラン氏と入れ替わりたちかわりという感じでした。

それを、ぶっ続けで1時間ちょっと。
驚異的な集中力の持続がないとできません。
ごまかしもききません。


・・・ってなことばかりが気になってしまって
通訳者の思考回路で脳内通訳しながら聞いていたので、
肝心の話はあまり印象に残っていないのですが(爆)

「こんな時だからこそ、
物事の良い面を努めて見るようにしましょう」

という話がとても心に残っています。

「東北の人の苦しみ、悲しみを想像して
 あなたは『私は無事なのが申し訳ない』と思っていませんか?

 思っていますよね。

 放射能のせいで生活が一変してしまった
 福島の人の苦しみ、悲しみを想像して、東京の人は

 『自分は大丈夫なのに。申し訳ない』

 停電やガソリン不足で困っている
 東京の人の苦しみを想像して、西日本の人は

 『自分のところはいつも通りなのに。申し訳ない』

 そう思っていますよね」


「でも、考えてみてください」

アランさんは言いました。


「東北で悲しんでいる人の気持ちを想像してあなたが悲しくなったら、
 悲しい人が一人増えてしまうだけなんですよ。

 あなたまで悲しんでいては、悲しんでいる人は救えません。
 あなたはハッピーでいなければならないんです。


 今回の震災は、本当に悲しい出来事でした。
 たくさんの人が、大切な人や家を失いました。


 でも、世界中の人が、
 日本に助けの手を差し伸べてくれていますね。


 イスラエルの医師のグループが日本にやってきて
 医療活動を手伝ったと聞きました。

 私は最初にそれを聞いたとき、なぜイスラエルが
 日本のことを気にかけているんだと非常に意外に思いました。


 でも、そうやってみんなが温かい心を差し出してくれています。

 こんなことがあったからこそ、
 みんなの優しい心に触れることができました。

 そうでしょう?

 どんなことにも、良い側面というのは必ずあるんです。

 良い面にフォーカスするのです。

 私のある友人の旦那さんは、いつもトーストを食べるときに
 パンくずをボロボロこぼす人だったんです。

 彼女は、いつもそのことを注意していましたが
 いっこうにその癖は直りませんでした。


 でも、ある日彼女は気づいたんです。

 パンくずをボロボロこぼす癖がある以外は、
 彼は望みうる最高の夫だと。

 パンくずがない代わりに彼もそばにいてくれないよりは
 パンくずをこぼしても、そばにいてくれる方がずっといい、と」


これを読んでいる人によって、いろんな思いがあるでしょう。

でも、私自身がずっと感じていた
「自分は何事もなくて申し訳ない」という罪悪感は
ちょっとだけ軽くなりました。

被災者の悲しみや苦しみを無視するということではないし、
これからも自分が出来ることをするのは変わらないけれど、

私自身はハッピーでいて良いのだし、ハッピーでいるべきなのだ、
今、大切な人がそばにいることを感謝していいのだ、
そう思う自分を許していいんだよね、と思えました。


というわけで、

本題は久々の通訳ネタだったのですが
(通訳ネタのご要望をよくいただくので・・・)
話が大きくそれました。(笑)

今回、自分の同僚以外の通訳さんのお仕事を間近で見て
すごく勉強になりましたし、参考にしたいことも
たくさん見つかりました。

で、こうやって実際にプロの人の仕事に触れるというのは
何であろうと、すごく大事だと思うわけです。

もしあなたが通訳を目指しているのであれば、
実際に通訳の仕事ぶりが見られる講演会に行ってみる、
通訳希望者向けのセミナーに行ってプロに話しを聞いてみるべきです。




英会話力を身につけて英語求人市場で価値を上げるなら・・・

⇒ スピーキングの効果的な学習法で独学で英会話をマスター



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ