英語の仕事の経験がない私に道はありますか?

英語のお仕事についてメールをいただきました。

—– 件名 —–
英語の仕事を得るには?

—– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —–
英検準1級 TOEIC855

—– メッセージをどうぞ —–
現在、夫と数年前に離婚し、現在に至っています。


英語を活かした仕事をしたいと派遣に登録し、
その頃、TOEIC755であまり経験のない私は、半分留守番で、
英語の電話の取り次ぎがある事務の仕事を紹介されました。


その後、契約終了になる頃にリーマンショック、
とりたてて社会人としての経験がそれほどなく
英語の仕事の実績がない私は、それから、
数件派遣会社に登録したのですが英語の仕事の紹介がありません。


前の派遣会社から契約が終了するころに
英語を使える秘書の仕事を紹介されたのですが
遠いので断ってしまいました。

今考えると、遠くても紹介してもらえばよかったと後悔しています。

現在、2か月に1回程英語の電話がかかってくる事務所で
事務の仕事をしています。

できれば英語の仕事、もしくは秘書の仕事につきたいのですが
この不況に加え、年齢が49歳というのもあり、
ハロワで見つけて応募しても書類選考すら通りません。


特許事務所のパートの仕事も試験の成績はよかったが
経験者を採用しましたと通知がきたことがあります。

若ければそれほど経験がなくてもいいのですが
私の様に大して英語を使った仕事の経験がない私に
英語の仕事への道はありますか?


別にTOEIC高得点を目指しているわけではなく
私の本当の望みは英語で食べていきたいということなんです。

けれども経験のあまりない私は英語力をPRするものがないので
TOEICや、英検をとっているだけなのです。
アドバイスがあったらお願いしたいです。

—– 引用について —–
名前は伏せた上で引用可



メッセージ、ありがとうございます。

> 私の様に大して英語を使った仕事の経験がない私に
> 英語の仕事への道はありますか?


私は予言者ではないので、あなたが英語の仕事を得られるかどうかは分かりません。


ただ、私が知っているのは、あなたと同じような状況、
あるいはあなたよりさらに不利な状況でも
英語の仕事を得ている人は何人もいるということです。

噂で聞いた話とかではなく、個人的にそういう人を何人も知っています。


年齢が・・・
勤務地が・・・
経験が・・・
不況が・・・

いろいろ拭えない不安要素があるのは、心から理解できます。
でも、それを言い訳にしていても何も進みません。

・あなたが現在49歳だという事実
・不況
・現時点ではあなたが英語の仕事で十分な経験がないという事実

は、どう頑張っても変えられません。

でも、

「もう49歳だから英語の仕事がない」
「不況だから仕事がない」
「経験がないから採用してもらえない」

という「思考」は変えられます。
というか、それを変えるしかありません。

心から英語の仕事が欲しいのなら、「本当に私でもできるのか?」と悩むより
ゲットするまで挑戦し続けるのみだと思うのです。


メールでの印象から私が感じたことなので
不適切な内容であれば本当に恐縮なのですが、
今のあなたの不安な気持ちが職探しの現場でも
ネガティブな表情や態度として表れていないでしょうか?


派遣の仕事の紹介にしろ、就職面接にしろ
「年齢が・・・」「経験が・・・」というネガティブな態度の人に

「この人にぜひいい仕事を紹介してあげたい!」
「ぜひこの人にうちに来てもらいたい!」

って思う人はいません。

「ポジティブな態度になればそれで仕事が見つかるなら、苦労しないよ!」

と思うかもしれませんし、
実際そんな簡単なことではないかもしれません。


でも、相手の立場に立って

「自分ってどう見えているだろう?」
「相手の好感を得られているだろうか?」

と考えてみることは、決して時間の無駄にはならないと思います。

今のあなたは、自分のことで
頭がいっぱいなのではないでしょうか?


どんな自分になれば
「ぜひあなたのような人にうちに来てもらいたい!」って言ってもらえるのか?

相手(面接官であれ派遣コーディネーターであれ)に対して
「私はこんなことができます。こんな風に勤め先に貢献できます」と
自分のメリットを伝えられているか?

書類選考すら通らないのであれば、
「この人にぜひ会ってみたい」と思ってもらえるためには
応募書類でどんな風に自分をアピールすればいいのか?

それを考えていますか?

おそらく、あなたに足りないのはTOEICや英検ではないです。


仕事は相手があるものである以上、
相手目線で自分を見つめなおすことが必要だと思います。

その上で、自分に足りないものを
身につける努力をするだけだと思うのです。


年齢やTOEICの点数なんて
たくさんある要素のうちの一部でしかありません。

現在すでにTOEIC855点であれば、
採用に結びつかない理由はTOEICの点数ではないと思います。

もちろん、高ければ高いほど
採用の可能性は高まるのかもしれませんが、
それが仕事を得る近道だとは思わない方がいいです。

秘書の仕事などをお探しであれば、すでに十分と考えます。


年齢も、もっと下であればもっと有利なのかもしれませんが、
それを考えても仕方がない以上、こう考えてはどうでしょうか?

たとえば「45歳ならいいけど49歳は絶対ダメ」なんてこと
ほとんどないと思います。

45歳のそこそこの人よりも49歳の適性バッチリの人を採用したいと
普通の人は考えると思いませんか?



それよりも、やりたい仕事について

・自分に足りないスキルは何なのか?
・今までの経験から何をアピールできるか?

それを具体的に考え、対処することです。


> 経験のあまりない私は英語力をPRするものがないので
> TOEICや、英検をとっているだけなのです。


TOEICや英検ではなく「経験」に力を注いでください。

私があなただったら、仕事以外の時間で
実際に仕事で必要な実務スキルを必死で習得します。

つまり、TOEICの問題集を解くとかじゃなく、翻訳や英会話などをします。

それも、通信講座をチンタラ・・・じゃなくとりあえず実践。

いつもお勧めしているように、翻訳コンテストとか。

入賞したら、立派なアピール材料ですし、
入賞しなくても「翻訳のスキルを磨いています」とアピールできます。

英語を使うボランティアなんかもいいでしょう。

いくらでも仕事につながる
スキルと意欲のアピールができると思います。


「経験」って仕事でしか積めないわけじゃないです。

仕事が終わった後でも、週末でも、
やろうと思えばいくらでもできますよね。



最後に、英語力や仕事の経験なんて
どこまで行っても完璧はあり得ません。

私だって、足りないことだらけです。

だから、私はこれがないから、あれが足りないから・・・ではなく
「今の自分」を精一杯魅力的に見せる工夫と
自分が本当に必要なスキルを身につける努力が必要だと思います。


⇒ 実践力アップに役立つ翻訳コンテスト情報はこちら

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ