初心者から翻訳家になれますか?

coffee-791438_640

今日は、翻訳家を目指しているが、自分の英語力はまだ初心者レベルなので
翻訳の仕事がしたいと言うことがためらわれるという方のご質問にお答えします。


—– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —–
英検準2級、CASEC590点
—– メッセージをどうぞ —–

いつもえいみさんのメルマガを読んで、勉強をさせて頂いております。

えいみさんのサイトを通じて、
現在ボキャビルマラソンMUSTを受講しています。
講座自体は楽しく、時折さぼってしまう日もありますが
割と順調なペースで学習できています。

1ヶ月ほど前からは、鈴木拓先生の英文法教材(初心者用の方です)も
購入してそちらも学習しています。

えいみさんのメルマガに書いてある勉強法はとてもためになっており、
『これでいいのかな』と心が折れそうになった時に何度も読み返し、
元気を頂いています。

私は今、看護師として病院勤めをしておりますが
元々この仕事に興味が持てなかったことから、
一度この仕事から離れたいと思いまして来春に退職をしようと考えています。

そして、少し休み、そのあとは夜勤のないクリニックなどで働きながら
英語学習を継続しようと思っています。

以前から英語に興味があったこともあり
こうして今社会人になってから勉強を始めたわけですが、
ゆくゆくは英語に携わる仕事ができたらと漠然と考えています。

翻訳家になりたいのですが、今は自分の英語力が乳飲み子レベルなので、
恥ずかしくて口に出すことが躊躇われます…。

こうして、えいみさんの仰る通りに勉強を続けて
3か月前に比べると非常に微々たるものながら、
英語力も向上してきているのではないかと思います。
(そういい聞かせてモチベーションを保っています。)

しかし、元々私は自分に自信がなくとてもネガティブ思考です。

今は、すべての学習法をバランスよく行えているとは言えず
『語彙・リスニング・文法』の3つをやりながらで手一杯という状態です。

いずれは、えいみさんの勧めるディクテーションやシャドーイングも
挑戦したいという思いですが、今はまだそこまでの余裕がありません。
英語学習は長期決戦で、焦ってもいいことはないと頭のなかではわかっています。

ですが
専門卒の看護師が、翻訳家になろうなんて厚かましいんじゃないかとか、
大人しく看護師のキャリアを積んだ方がいいんじゃないかと、
時々ネガティブ思考に苛まれます。

えいみさん、えいみさんの読者さんの中には
英語初心者の状態から英語を使う仕事に就けるレベルまでいった方が
いらっしゃるのでしょうか。

もし良かったら、そういった方のエピソードをメルマガで取り上げて頂けると
私のような悩める自信のない初心者のモチベーションが爆上がりするので
(すみません、少なくとも私はですが)宜しくお願いします!



メッセージありがとうございます。

> 専門卒の看護師が、翻訳家になろうなんて厚かましいんじゃないかとか、
> 大人しく看護師のキャリアを積んだ方がいいんじゃないかと、
> 時々ネガティブ思考に苛まれます。

今のお仕事が何であるかなんて、全然関係ありません。
せっかくの一度きりの人生ですし、やりたいことに挑戦したらいいと思います。

誰にでもいずれ死が訪れますが、死ぬときに
「ああ・・・やっぱり翻訳の仕事をやってみたかったな」
って思ったら、嫌じゃないですか?

そして、これは私自身も経験から痛感していることですが、
あなたのように看護師としての経験があって
医薬分野の専門知識がある人は、本当に有利です。

自信持ってください。

私は専門分野が何もなかったので、とても苦労しました。(今も苦労しています。)
私にとっては、英語の勉強そのものより、専門知識を身につける方が
ずっと難しいことです。


> えいみさん、えいみさんの読者さんの中には
> 英語初心者の状態から英語を使う仕事に就けるレベルまでいった方が
> いらっしゃるのでしょうか。

「初心者」と「英語を使う仕事に就けるレベル」の定義にもよりますが、
「初心者」からだと、5年とか、職種によっては10年以上かかります。

なので、ご質問の意図として、初心者からたった1年や2年で
英語で仕事できるレベルに到達した人がいるか?という意味であれば、それは難しいです。
(繰り返しますが、定義によるので、不可能という意味じゃないです)

でも、どれくらい時間がかかったかは人それぞれですが、
私の読者さんで新たに英語を使う仕事をゲットした方は、
数えきれないほどたくさんいますよ。

今までもそういうメールを取り上げたことがあったと思います。


誰だって最初は初心者です。

私もあなたと同じ英検準2級レベルの英語力だった時期が当然あります。

そこから勉強をコツコツ積み上げて、
英語を武器に仕事できるようになりました。

だから、私も、その他の今英語で仕事をしている人も全員、
「英語初心者の状態から英語を使う仕事に就けるレベルまで」
いった人間です。


私は、英語のやり直しを始めたのは22歳です。
この頃、TOEICの公式問題集を自分で解いてみたところ
確か550点だったと思います。

その後、
初めて英語の翻訳の仕事(単発)をしたのは、26歳。
秘書兼翻訳の仕事に就いたのは、30歳。
通訳兼翻訳の仕事に就いたのは、31歳です。



英語の勉強を始めたときから中級者、上級者の人なんていません。
みんな初心者です。

初心者の状態から、どれだけ時間を確保して、
どれだけ勉強を積み上げるか、それ次第です。



> 今は、すべての学習法をバランスよく行えているとは言えず
> 『語彙・リスニング・文法』の3つをやりながらで手一杯という状態です。

ん?メール講座をちゃんと読んでくださってますかね?
3つもやってたら手一杯で当たり前です。
バランス良くやりましょうなんて言ったことはないし、
仕事を持つ普通の大人は無理です。

バランスは悪く、一点集中で勉強してください。
集中するべき順序を、メール講座でお話ししています。

もちろん、これはその人の現状や目的にもよるので
語彙・リスニング・文法をいっぺんにやるのが絶対ダメというわけではないです。

例えば、ちょうど今、個別指導しているクライアントさんのお一人に
3ついっぺんに取り組んでもらってるところですが、
3つのバランスはめちゃくちゃ悪いですよ。
(どういう配分でやるかは、指示しています)


今はまだ英語の基礎をしっかり固めて
翻訳ができるレベルの英語力を身につける段階だと思いますので、
おっしゃるように夜勤のない職場などにまず転職して
勉強時間を確保するのは、すごくいいことだと思います。

最後に、繰り返しになりますが
看護師という職歴は翻訳に有利になると思いますので、
医学分野の知識を生かして翻訳者になるという道を考えてみたらいいと思いますよ。

では、頑張ってくださいね。


1

⇒ 私が外資系役員秘書、通訳翻訳者になった方法を今だけ無料で公開します


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ