派遣会社の上手な使い方

「英語を使った仕事がしたいんですけど・・・
どうしたらいいのか分からなくて」

というメールを、読者さんからたくさんいただきます。

特に、「外国人付きの秘書をしたい」という方が多いのですが、
具体的にどうしたらいいのか分からないということのようです。

で、ですね。

外国人付きの秘書になるには
どうしたらいいか、私にはくっきり見えてます。

なんでこんなことが言えるのかというと、

それは、派遣会社の人とたくさんお話をしてきたからなんですね。

キャリアをどう積み上げていけばいいのか、
どんなスキルが求められているのか、
どういう場所で外国人付き秘書の求人が多いのか、

ぜ~んぶ、教えてもらっちゃったんですよ。

外国人秘書に求められると考えられるスキルの条件って、
こんな感じです。

・ 秘書経験あり
・ 英会話OK
・ ビジネスeメール読み書きOK
・ 必要なら通訳翻訳も可能


今まで派遣会社でいろいろ話を聞いてきて、
自分の職場でもその仕事をしている人を間近で見ているから、

「外国人付き秘書はこんなスキルと経験が必要」って
私は知っているということです。


で。

あなたが就きたい仕事があったとして、
現時点での自分の経験とかスキルでは無理そうな場合。

どんな経験を積めばその就きたい仕事に近づけるのか?
どんなスキルが必要なのか?
必要な経験を積むには、どこで何をしたらいいのか?


そういうことをきちんと考えて、
作戦を立てていかないといけないわけです。

でも、自分でそういう経験がなかったり
周りにそういう人がいなかったりしたら、
何をどうすればいいのか分からないですよね?

だから、派遣会社を利用するんです。

たとえば、ここから派遣求人を見てみてください。

⇒ リクナビ派遣

いろいろ求人が出ていますが、
ざっと見てみただけで

「ここには私の望む仕事がないわ!!」

ってあきらめてしまわないでください。


ここから重要なのですが、

どの派遣会社でも、web上で見られる案件はほんの一部。

なので、webで見ていい案件がなくても、
とりあえずめぼしい派遣会社に登録だけしてください。
(登録は無料です。お勧めの派遣会社は次のページで紹介します)

「登録」というのは、通常はその派遣会社に直接出向いて
パソコンのスキルチェックを受けて、自分の経歴を提出して
コーディネーターさんと面接をすることです。

あなたのスキルや条件が合う仕事が発生したら
webに載るより先に連絡もらえます。

もちろん、
「今は別のところで働いてるのですぐには稼動できない」という
事情も聞いてくれます。

「今すぐに稼動できない」という場合の派遣会社の上手な使い方は
「進路相談」と「スキルアップ」です。^^

「将来こういう仕事がしたいんですけど、
どんな風に仕事の経験を積んでいったらいいでしょうか?」と
経験豊富な派遣会社の知恵を借りたらいいんです。

で、いろいろ話し合って将来の方向性を固めつつ
現在の仕事の退職準備をするなり、専門学校に通うなり、
現在の仕事をもう少し続けるなりすればいいんです。

そして、私がしたように
パソコンスキルやビジネスマナー、英語の研修など
派遣会社がいろいろ無料または格安で実施していますので
そういうものを積極的に受けてください。

この目的は、2点あります。

1つは、
スキルアップして自分の競争力を高めること。

もう1つは、
派遣会社へのアピール。

派遣会社だって、突然フラッと来て
「仕事紹介してください」とだけ言う人より、

普段から研修を頑張って受けたり、
熱心にキャリア構築の話を聞いてきたりという人の方が、
どういう人なのかわかって、企業にも推薦しやすいはずですよね。

「この人はあの会社でも頑張ってくれそう」という
イメージも持ってもらいやすいです。

他の応募者より優先的に
いい案件を回してくれたりということもあると思います。

派遣会社への登録は、ほんと、
それだけで勉強になります。

経験豊富な派遣コーディネーターさんとお話ができて
自分のキャリアの棚卸しもできます。

「こういう風に経験を積んでみたらどう?」って
役に立つ提案をしてもらえます。

自分は考えもしなかったお仕事を
「このお仕事はこういう経験が身に付きますよ」って
教えてもらって、紹介してもらえることもあります。


無料でこんないいことができるなんて、利用しないのは損。

では、次のページで
お勧めの派遣会社や転職支援会社をご紹介します。



⇒ 見るべし!一押し派遣転職サイト へすすむ


英語のお仕事体験談・英語のプロの情報の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ