派遣会社の正しい選び方

良い派遣会社を選ぶコツは、
お友達やこういうHPなどの口コミを参考にするほか、
とにかくいろいろ登録に行ってみて、比べてみるしかないと思います。

私が思う「良い」派遣会社の条件:

★ スタッフへのフォローがしっかりしている


これが悪いと、もうどうにもなりません。(笑)

フォローとは、たとえば派遣先を数ヶ月に1回訪問し、
派遣先の人事担当者や派遣スタッフの上司と
情報交換をする場をきちんと持つ、など。

こういう派遣会社の営業さんのマメなフォローがあってこそ
派遣スタッフの抱えている問題にも早く気づけるし、
契約と仕事内容が違うというミスマッチを防ぐこともできます。

私の場合、担当の営業さんが
3ヶ月に1回は必ず来てくださっていました。

また、私が勤務が終わって
ちょうど家に帰った頃によく電話をくださって、

職場で同僚には聞かせられないような内容の相談もできました。
メールのやりとりも頻繁にしていました。

そのおかげで、退職をめぐるゴタゴタの中でも、
営業さんには本当によくしてもらえました。

もちろん、ただ営業さん任せにするのではなく、私のほうも
仕事内容などの状況が変わってきている時は、
その都度メールで報告していました。

その時に気をつけたのは、文句や愚痴にならないようにすることです。
いくら派遣先企業が悪くても、
文句や愚痴を言われるのは誰だって嫌ですから。

違う言い方をすれば、
「このスタッフさんを助けてあげたいな~!」という気持ちにさせるような
前向きなメールを書くように努力していました。

営業さんは問題の解決のために、
一生懸命私の上司と話し合ってくれました。

「えいみさんは近況をマメに教えてくださるので、とてもありがたいです」と
いつも言ってくださっていました。


フォローがしっかりしているかを見極めるためには、
派遣会社に登録に行ったとき

「営業の方は、どれくらいの頻度で派遣先に来てくださいますか?」

といった質問をしてみるのもいいかもしれません。

★ 派遣先企業にきちんと要求が言える


派遣会社にとって、派遣先企業はお客さんです。
派遣社員より、派遣先企業の方に媚びへつらうのが普通。

派遣スタッフなら、
よほどドラマの「スーパー派遣」みたいな人でなければ、
同じようなスキルを持った人でいくらでも代わりはいるんです。

だから、
派遣先企業の言いなりになってしまう派遣会社も少なくない。

派遣会社は、企業に「じゃあとおたくとはもう仕事しません」
って言われたら困るけど、

派遣スタッフに「じゃあもう私辞めます!」
って言われても、そんなに困らない。

悲しいけど、そんなもんだと思います。

だからこそ、問題を問題だときちんと派遣先企業に伝え、
改善を求めることのできる派遣会社は、
絶対にいい会社だと私は思います。

(いい派遣会社というより、いい「営業さん」ということかも知れません。)


ところで、悪い派遣会社の例をひとつ。

これは、私が実際に体験したことです。

数ヶ月後に結婚して引っ越す予定だったので、
短期(2週間)の派遣の仕事に応募したときのことです。

仕事内容は、データ入力(英語は不要)。

その派遣会社の営業さんと一緒に、
派遣先企業に面接に行きました。

すると、しばらく話をした後、
企業の面接担当者が驚くべきことを口にしたんです。


「君、うちで働かない?」

これは、「うちで 『正社員として』 働かないか」という意味でした。

開発担当としてカナダで数ヶ月勤務する、英語ができる人材が欲しいと。

私の隣には、派遣の営業さんがいます。
でもその営業さん(気の弱そうな男性でした)は、黙ったままでした。

もちろん「近々結婚する予定なので」とお断りしましたが、
自分の派遣スタッフとして連れてきた人材に対して

そんな非常識なことを言う企業の担当者に、
この人は何も言えないのかと、驚きました。

派遣会社への礼儀も全くない。ルールも守ってない。
その人に対し、「それは困ります」となぜ言えないのだろう?と。

結局、短期の仕事は、少し応募が遅かったらしく、採用されませんでした。

時期が遅いというのは、面接前から分かっていたはずなので

企業の方は、応募書類を見て
最初から私を正社員として雇うことに興味があったのかも知れません。


派遣会社を利用して、適当な人材を連れてきてもらい
その場でスカウト、直接契約。
(紹介予定派遣ではなく、最初から正社員という話でした)

この企業はきっと
「おたくにこれからも優先的に派遣スタッフをお願いするよ」
とか何とか言って派遣会社をうまく取り込み、

契約を切られたくない派遣会社は、
あまり強い態度にでることができない。

私の想像では、二者のそんな力関係があるのかなと思います。

でも、短期でも採用されなくて良かった!と思っています。

だって、あの派遣会社は、絶対に派遣先企業の言いなりですから

その後、二度とその派遣会社とは関わっていません。

「えいみさんがもうすぐ引越しされるということであれば、
 お友達でどなたかご紹介していただけませんか」と言われましたが、

紹介なんてするわけないし!!!(怒)

会社名は伏せますが、以前はテレビコマーシャルなんかもやってた
結構名の知れた派遣会社でした。

★ スタッフのスキルアップに力を入れている


で、短期の派遣のお仕事に採用されなかったので
2週間予定が空いてしまった私は、別の派遣会社に向かいました。

お目当ては、仕事ではなく
「無料PCスキルアップ講座」

私は当時、エクセルが全く使えませんでした。

そこで、2週間この派遣会社に何度も通って
つきっきりで教えてもらい、テキストを借りて自習しました。


結局、本来なら無為に過ごすはずだったその2週間で、
関数までマスターしました。

完全に無料で。


その派遣会社のスタッフとしてすぐに働く可能性は低かったのですが、
そんな私にも、派遣会社の担当の方は
本当に親身になって教えてくださいました。

「えいみさんが直接的にうちのスタッフとして働いてくださるのが一番ですが、
 必ずしもそうでなくてもいいんですよ」
とおっしゃっていたのが印象的でした。


さて、結論を言うなら、

私はこの派遣会社から
スタッフとして派遣される機会は、ありませんでした。

この後、正社員を選び、
その次の職は別の派遣会社からの紹介があったからです。


でも、エクセルをこの時に使えるようになっていなければ、
秘書として採用はされていませんでした。
(ワード・エクセルは必須で、エクセルのスキルチェックも受けました)

無料の講座を使うだけ使っておいて、スタッフとして稼動しないなんて
この派遣会社にとっては大損です。

そんな派遣会社に私が恩返しできるとすれば、
微力ながら、
口コミでこの派遣会社の良さを伝えることだと思いました。

それが、「直接的にではなくても」という、
担当者さんのお言葉の意味なんだと思います。

この後、私は派遣で仕事を探す友人にこの派遣会社の宣伝をしまくっています。(笑)


目先の利益より、スタッフのスキルアップを第一に考える派遣会社。
見極めるのは簡単ではありませんが、その努力をしてみる価値はあります。

⇒ 派遣の仕事で見つける【自分らしい働き方】

私がスキルアップさせてもらい、後の秘書のお仕事につながったのは
この派遣会社です。

⇒ 英語のお仕事の見つけ方 へすすむ


英語のお仕事体験談・英語のプロの情報の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ