単語自体は聞き取れるのに文章で聞き取れない

アメリカ在住で、
「単語は聞き取れるのに文章で聞き取れない」というお悩みを持つ方から
メールをいただきました。


—– 件名 —–
海外における英語の学習の仕方
—– 現在の英語レベル(教材・勉強法のご質問の場合) —–
英検2級(15年前)
—– メッセージ —–

私は、昨年の4月より家族の仕事の都合でアメリカに住んでおりますが、
自分の英語能力の低さにほとほと嫌気が差して、
なんとか読む・聞く・話す力を伸ばせないものかと思い、
年始にも関わらず思い立ってメールしてしまいました。申し訳ございません。

高校卒業時に英検を受験して以来、まともに英語の勉強は15年間していません。
ですので、アメリカに来て、現地の人が話す事が聞き取れず、
理解できず大変困っています。

日常の生活には余り差し障りは無いのですが、
こみいった会話が出来ない為、友人がなかなかできず、
このままでは鬱になってしまうので、何とかしたいと思っています。

こちらに来て3ヶ月くらいすると、
単語自体は聞き取れるようになってきたのですが、文章で聞き取る事ができません。

そこでドラマを英語字幕つきで見ることを始めると、
字幕を読むことに非常に時間がかかり、内容を理解するにも時間がかかるので、
基本的な読む能力が低い事を実感しています。


何とか、自分の感情が上手に言えるようになりたいのですが、
英語のサイトが沢山あり、何をどうするか読みすぎて頭が飽和になっていまい、
誰かに相談をしたくなってしまいメールしてしまいました。

また、沢山ある英語のサイトは、上級者向けのものが多く、
私のレベルは何からスタートしたら、そのレベルに行けるのか、
もうさっぱり分かりません。

ただ、日本人として相手の意見を聞くことができ、
自分の意見がきちんと言える英語力が欲しいのです。

こちらでは、English Second Languageのクラスを受講していますが、
High Inter Mediateのクラスなのですが、英語の文法の問題は解けるのですが、
肝心の先生の英語の説明が聞き取れなかったりします。

他国の生徒は、文法は理解できていなくても、
聞いて話してはとても流暢に出来ているので、本当に恥ずかしい思いをしています。

私の英語の基礎が弱いと思うのですが、どうしたら底上げが出来るのでしょうか。

(えいみ回答)

○○さんの現在の様子を読ませていただいて、
まず最初に取り組むべきだと思うのは、リスニングです。

よほど特殊で切迫した状況がある場合は別として、
話すことと聞くことの両方が出来るようになりたい場合、
まず取り組まなければいけないのは、聞く方です。

インプットとアウトプットという言い方がありますが、
(インプット・・・聞く・読む、アウトプット・・・話す・書く)
勉強する順番は、インプットが必ず先です。

もちろん、○○さんの場合は、海外にお住まいということもありますし、
できるなら今すぐにでも話せるようになりたい、という感じだと思います。

そうなると、スピーキングには
全く手をつけないというのは非現実的ですよね。
だから「スピーキングはやるな」という意味ではありません。

なので、あくまでも(現時点では)どちらをメインに
トレーニングするかという問題として考えると、
リスニングに重点を置くことをお勧めします。

ところで、実はリスニングができない理由は
リスニング力の弱さという原因以外に、
文法力、語彙力も大きく関わってきますので、

「聞こえないならリスニングをやりましょう」ということが
全員に当てはまるわけではないんですね。

ですが、

> 英語の文法の問題は解けるのですが、

> 単語自体は聞き取れるようになってきたのですが、
> 文章で聞き取る事ができません

という部分から憶測ながら判断すると、
○○さんの場合はリスニングを強化する方向でいいと思います。

(もちろん、メールだけでは正確な判断は難しいので
私の意見は参考程度にとどめてくださいね。)

単語は聞き取れるのに、意味のある文章として頭の中に入ってこないというのは、
上級者に至る前に誰でも経験する過程
です。私ももちろん経験済みです。(笑)

適切にリスニングのトレーニングを続けることで
ちゃんと解決しますので、ご心配なく。^^

で、リスニングの勉強法ですが、
「ドラマを英語字幕つきで見る」という勉強法は、
かなり難易度の高い方法です。

おっしゃるように素早く読む力が必要ですし、
何より、聞くことと読むことを同時進行しないといけないので
集中力も分散してしまいます。

まだ聞き取りのトレーニングが十分でない人には
ハードルが高すぎる勉強法ですので、今はやらないことをお勧めします。

その代わりに、聞くことだけに集中できる
CDを使った勉強法がいいです。
必ずスクリプトつきのものを使ってください。

それから、聞き取りが苦手な段階では
「生の英語」じゃなく、教材用に作成された音を中心に聞く方がいいです。

特に、英語圏で生活していると
テレビでもそれ以外でも生の英語に囲まれてしまうと思いますが、
きちんとレベルの合った「学習者用教材」をあえて使って
一定期間トレーニングした方が早いし、効率がいいです。

また、聞いたら聞きっぱなし、
分からないところが確認できない、という
スクリプトのない英語ニュース、ドラマ、映画などは
上級者以外にはトレーニングとして成り立ちません。

学習者用の音源(CD)を使って英語の音に慣れ、リエゾンに慣れ、
単語だけでなく文章全体の意味がとらえられるような訓練をまずやって、
それから生の英語に徐々にシフトしていってみてください。

そのような英語教材を何かお持ちだったら
それを毎日聞いてトレーニングしてください。

「何をやったらいいか分からない」という場合は
私がホームページでお勧めしているヒアリングマラソンが
ぴったりだと思いますので、良かったら検討してみてください。

⇒ ヒアリングマラソン中級コース

海外だと送料がかかったりするので
ちょっとアレですけど・・・

ヒアリングマラソンはいろいろレベル分けされてるのですが、
いただいたメールの感じでは○○さんは中級がいいかなと思いました。
もし真剣にご検討されることになって迷った場合は、また連絡ください。

最後に、基礎が弱いのでは・・・というご心配がありましたが、
15年のブランクがありながら英語クラスがHigh intermediateは立派です。
全然悲観するようなことはありませんので、自信持ってくださいね。^^


今回メールをくださった方が受講しているのは
⇒ アルク・ヒアリングマラソン中級コース



えいみのヒアリングマラソン中級コース体験談はこちらから

ヒアリングマラソン中級コース ◆「独学で英語の達人」限定無料特典あり◆

「短期間で効率よく」ヒアリング力を伸ばしたい方、必見!通常の24分の1の難易度でリスニングの基本をマスターできます。その効果は私も体験済。ネイティブスピードの英語に慣れ、生の英語にステップアップする前の助走として英語中級者に最適。

対象者: 英検2級~、TOEIC600~(えいみ目安)

ヒアリングマラソン中級コースの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ