時間がない人が効果を出せる勉強法とは?

今日は、赤ちゃんが産まれたばかりで
育児に追われている女性からのメールと私の返信をご紹介しますね。

時間がない中でどのように英語を勉強するか?
どんな勉強法が、労力に対して効果が最大になるか?

毎日忙しくて勉強時間が取れない、効率が上がらないと
悩んでいる場合は、かなり参考になると思います。


***引用ここから***

> —– 件名 —–
> 子育てしながらできる最優先の勉強
> —– 現在の英語レベル(教材・勉強法のご質問の場合) —–
> TOEIC730 英検2級
> —– メッセージ —–
>(略)
> 「独学でも頑張れば英語マスターになれるんだと励まされた」を読んで
> 私も育児で疲れた頭をはっとさせられる思いがしました。

> 私ももう少し息子が大きくなったら再就職を考えており、
> 以前は外資系のホテルに勤めていましたが家庭との両立は難しいと考え
> 時間の融通がききそうなこども英会話講師の職などに就きたいと思っていました。


> 「英語を忘れたくない」と切れ時間を使って勉強していますが
> 圧倒的に時間が以前よりとれず、これでいいのかと悩んでいます。
>
> 今はネットのNHK「ニュースで英会話」を聞くのが精一杯です。
> あとはTVニュースです。最優先ですべき勉強はヒアリングでしょうか。
> 3か月たてば育児も少し楽になるので
> そのとき追加できる勉強があれば教えてください。


> 後私もいずれヒアリングマラソンを申しこみたいと思うのですが
> 自分のレベルがわかりません。
> 1000時間だとレベルが高そうなのですが
> 少し上のレベルをえらんだほうがいいですか?


(えいみ回答)

まず、「最優先ですべき勉強はヒアリングか?」というご質問ですが、
それは、○○さんの目的や得意分野によって異なります。

こども英会話講師が今後の目標なのであれば、
ヒアリングが「最」優先ではないと思います。
むしろ、授業で使う口語表現や、発音の訓練がもっと大事かもしれませんよね。

とはいえ、リスニングは「インプット作業」のひとつで
英語力の超重要な基礎であり、土台です。

それに、メールを読んだ限りでは、○○さんは
「こども英会話講師に絶対になりたい!」というよりは、
そういう可能性を現実的に視野に入れつつ
全体的に英語力をキープして高めていこうというお考えだと思います。

もし○○さんがそうお思いであれば、
リスニングはぜひ重視してください。

インプットなくしてアウトプットができることはあり得ませんから
「私は読み書きだけできればいい!」なんて人じゃなければ
リスニングは重視して損はないです。

リスニングは、「耳だけが暇」な時間を使ってできるので
忙しい人でも一番取り組みやすいですし、
しかも、できるようになればなるほどどんどん楽しくなりますしね。
だから、子育て中の方に一番適した分野だと思います。

あっ、でも、リスニングだけ頑張っても
ボキャブラリーと文法が弱いままだと、効率が悪いです。

なので、リスニングをしながらも
スクリプトに出てきたボキャブラリーを一つでも多く覚える、
文法的に不安な部分は参考書で確認する、といった作業は
必須になりますので、それは間違えないでくださいね。

私も、英語のやり直しを始めたときは
とにかく「ながら聞き」できる時間を利用して、
暇さえあれば英語を聞きまくりました。

耳を鍛えたことで、それまでとは全然違う世界が開けました。

聞き取り力そのものが上がるのはもちろんなんですが、
それ以外にこんな効果がありました。

・ 発音が上達した

正しい英語の音を聞き取れるようになってはじめて
自分の口からそれらしい音を出すことができますからね。

こども英会話講師になるにしても、発音が上達することは
とても大事な要素だと思います。

・ 英文が早く読めるようになった

これ、かなり盲点だと思うんですが
リスニングを鍛えると、語順どおりに英語を聞き取ることが
できるようになりますよね。

そうしたら、英語を読むときも
返り読みせずに頭から英語を理解できるようになります。

で、○○さんの勉強法ですが
「ニュースで英会話」で勉強するとなると、
パソコンの前に座っていなければいけませんので
かなり行動が拘束されてしまいませんか?

そうではなく、たとえば、イヤホンやスピーカーを使って
ながら聞きはできないでしょうか?

もちろん、赤ちゃんが寝ている時はうるさくできないとか、
イヤホンを使って赤ちゃんが起きたのに気づかなかったら困るとか、
いろいろと制限はあると思いますので、できる範囲でということになりますが・・・

たとえば、洗濯とか何かの用事をしながら
可能な範囲でながら聞きをして、

「ニュースで英会話」にあてていた、拘束力の高い時間を
リスニングをしたもののスクリプトを確認して
単語を覚えたり、文法を確認したりということに使えば
英語に触れる時間も増えて、効果も上がるはずです。

また、TVニュースも聞いているということですが、
これは、一回聞いたらそれで終わりで
繰り返し聞いたりスクリプトの確認はできないですよね?

もちろん、やらないよりはやった方がいいんですが、

・ 聞き取れなかった部分を読んで確認する
・ 聞き取れなかった部分を聞きなおす
・ 知らない単語・熟語をチェック
・ 文法をチェック
・ 解説をチェック

こういう作業ができないまま聞くだけの場合、
正直言って、時間を取って頑張ったほどの効果は出ないです。

スクリプトが手元にないニュースを聞いて
十分なリスニング訓練になるのは、かなりの上級者だけです。

なので、そのためにわざわざ時間を取って
一生懸命ニュースを聞いているというのであれば、

それこそヒアリングマラソンのような教材についているニュースを
スクリプトと解説つきで勉強した方が、
少ない勉強時間をやりくりする○○さんにとっては
労力に対する効果がずっと高いですよ。


> 3か月たてば育児も少し楽になるので
> そのとき追加できる勉強があれば教えてください。

そうですね、これも○○さんが
これからどういう英語力を身につけたいかによるんですが、
忙しい人でもできて効果抜群の勉強法は、シャドーイングですね。

シャドーイングは、それ専用の教材を買わなくても
手持ちの簡単な英会話表現集とかボキャブラリー本とかの
CDを使ってできます。


> 後私もいずれヒアリングマラソンを申しこみたいと思うのですが
> 自分のレベルがわかりません。
> 1000時間だとレベルが高そうなのですが
> 少し上のレベルをえらんだほうがいいですか?

講座はどれもアルクの販売ページから試し聞きできますので
まずそれで自分のレベルを確認してみてください。

⇒ アルクの通信講座の中身を「見る・聞く」
ページの右の真ん中あたりにあります。

「1000時間」か「中級」かで迷っているのであれば
○○さんのTOEICの点数からいけば、
どちらを受講しても身につくと思います。

リスニングが得意なら1000時間、苦手なら中級でいいかもしれません。

でも、確か前回のメールのときに
時事英語の単語なども勉強しているということだったので、
もしそうなら、○○さんは1000時間が楽しめると思いますよ。

この前、「えいみサポート」を利用して
1000時間を受講した読者さんはTOEIC750点の方でしたが、
見事ディクテーションコンテストの優秀者にも選ばれました。

なので、TOEICが700点以上あれば
1000時間が難しすぎて歯が立たないということはないと思います。

***引用ここまで***


小さいお子さんを育てながらですし
無理は決してしてほしくないのですが、

できる範囲で「ながら聞き」を活用して英語をたくさん耳に入れて、
わずかに取れる、いわゆる勉強時間を
スクリプトの確認に当ててくださいとお返事しました。

まあ、子育て中のお母さんに限らず、
忙しい人は、机で何時間も勉強とかできないんですよね。

というか、これを読んでるあなたは、そんな余裕ありますか??
毎日2時間でも、1時間でも、机について勉強できてますか??

・・・私は、できてないです(涙)

そんな場合、どうしたらいいでしょうか?

答えは、【耳を最大限に利用する】これしかないんです。


・ 通勤時間
・ 家事をしながら
・ 入浴中
・ 食事中
・ エクササイズ中

それぞれのライフスタイル、家庭の都合に合ったやり方で
こういう、「何か作業をしているけど耳は空いている」時間を
最大限に利用して英語を耳に入れる。

そして、

・ 仕事の休み時間
・ 待ち時間
・ 通勤電車の中
・ ベッドで眠りにつく前

こういう、ちょっとしたすきま時間で
リスニングしたスクリプトを確認して、単語を覚えたり
気になる表現をノートに書き出したりする。

で、ちょっと長めに時間が取れる週末とか、
家族がまだ寝静まっている早朝などに
文法を確認したり、ディクテーションをやったりする。

こんな感じで勉強すれば、
リスニングもただの「聞きっぱなし」にならないし
時間を効率的に使って、濃い勉強ができますよ。

私はこんな感じで何年も勉強してきていますが、
見てわかるように、時間的に考えるとほとんどが「ながら聞き」なので
つらくはないんですよね。

全然しんどくないながらも、もう何年間も
毎日少なくとも3時間はリスニング時間を確保できてます。
多いときは、5時間とか、もっとかも。

「いかに効率よく耳を使ってリスニングするか」がカギです。

● 1000時間ヒアリングマラソン
(TOEIC700点~、英検準1級の方向け)

● ヒアリングマラソン中級コース
(TOEIC600点~、英検2級の方向け)

● ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!
(TOEIC450点~、英検3~準2級の方向け)

● ヒアリングマラソン3ラウンド・コンプリートプラン ←「kikuzo!」と「中級コース」がセットで受講料が割安
(TOEIC450点~、英検3~準2級の方向け)

● ヒアリングマラソン ビジネス
(TOEIC600点~、英検2級の方向け)




えいみの1000時間ヒアリングマラソン体験談はこちらから

1000時間ヒアリングマラソン ◆「独学で英語の達人」限定無料特典あり◆

hm100145

ヒアリングが伸び悩んでいたとき、壁をぶち破ってくれた教材。生の英語がくっきり聞き取れるのは、TOEICリスニング満点のはるか上なのだと思い知らされました。「TOEICのリスニングなら苦労しないのに・・・」という人こそ、挑戦して絶対に損はなし。

対象者: 英検準1級~、TOEIC700~(えいみ目安)

1000時間ヒアリングマラソンの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ