ニュース英語など「生英語」がほぼ全く聞き取れていない状態です

ヒアリングマラソンとボキャビルマラソンで迷っているという方から
メールをいただきました。

***

> —– 件名 —–
> ヒアリングマラソンとボキャビルマラソン

> —– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —–
> TOEIC950(L490,R460)、英検準1級

> —– メッセージをどうぞ —–
> こんにちは。
> 初めてメールさせていただきます。

> えいみさんには、いつもメール講座やホームページでお世話になっています。
> 英語の学習法についてはもちろん、メンタル面でも大変助けられており、
> パソコンの前で泣いていることもしばしばです(笑)。

> 先日のバイトをされてた時のお話などには大変共感してしまい、
> 同時にすごく勇気づけられました。

> 私は現在大学3年生で、将来は英語を使って外国の人と仕事上でのやりとりを
> できるようになりたいと考えています。

> 英検1級を目指して夏からボキャビルマラソンを始めようと考えていたのですが
> (TOEICの単語ならば大体大丈夫ですが、英検準1級程度になるとおぼつかなくなります)、
> えいみさんのメールを読んで、まずリスニングマラソンをやるべきなのではないかと
> 思い始めました。

> というのも、ニュース英語など「生英語」がほぼ全く聞き取れていない状態であり、
> 外国の方と会話をするのも非常に難しいからです。
> 最終的な目標を考えると、難しい単語を覚えるよりも
> リスニング力を上げるほうが優先すべきことのような気もします。

> 一方で、大学生のうちに英検1級をとりたいという気持ちもあります。
> そこで、順番として、ボキャビルマラソンとヒアリングマラソンでは
> どちらを先に取り組むべきなのか、また両立できるものなのか
> アドバイスをいただけると嬉しいです。

> 長文かつまとまらない文章で申し訳ないです。
> 最後に、いつも実体験に基づいた有益な情報を与えてくださり、
> 本当にありがとうございます。
> 自分の英語学習に生かせるよう、頑張ります。

> —– 引用について —–
> 名前は伏せた上で引用可

***

まだ大学3年生でいらっしゃるのに
高い英語力をお持ちなのですね。素晴らしいです。

ヒアリングマラソンとボキャビルマラソンを
どちらを先にすればいいかというご質問ですが、
レベル的にはどちらを受講されても問題ないので
より優先順位の高い方を先にやればいいと思いますよ。

・ハイレベルな語彙力を身につけたい
・生の英語が聞き取れるようになりたい

これらのどちらがあなたにとってより重要でしょうか?
また、どちらがより急を要するでしょうか?

それが答えです。

なお、並行しての受講は、私はお勧めしていません。

ヒアリングマラソンは聞くという作業が中心になるのは当たり前として、
ボキャビルマラソンも、音声を中心にやるのが
かなり効果的で、私としてはお勧めです。

つまり、両方とも音声中心の学習になるので
どうしても、それぞれの講座に割ける時間が少なくなります。
使える勉強時間が競合してしまうんですね。

ボキャビルマラソンパワーアップコースにしても、
1000時間ヒアリングマラソンにしても、
スラスラと習得できるような簡単なものではありません。

ハイレベルの方にとってもかなり骨のある教材なので、
同時進行すると、どちらも中途半端になってしまうと思います。

もし並行してやるとすると、毎日かなりの時間(5時間程度?)これらの講座に
割くことができるなら、いいかなと思います。

さて、ネイティブの英語が聞き取れる力と
ハイレベルな語彙力のどちらが重要かということですが、
私の経験をふまえて言えば、断然「ネイティブの英語が聞き取れる力」です。

単語も、もちろん大切ですし、英字新聞を読んだり、英語ニュースを聞くときに
知らない単語が少ない方がいいに越したことはありません。

ですが、ある程度上級レベルの方にとっては、
知らない単語があるせいでどうしてもものすごく困るといった状況って、
実はそれほどないんです。

今、目指しているのが

・ハイレベルな語彙力を身につけたい
・生の英語が聞き取れるようになりたい

だとして、

「単語が分からない!困った!」という状況と、
「聞き取れない!困った!」という状況、

あなたにはどっちがより深刻でしょうか?

多分、ネイティブの英語が聞き取れないという方だと
思うんですが、いかがでしょうか?

ボキャビルマラソンに出るような単語や
英検1級の語彙問題に出てくるような単語は、
ネイティブの会話でバンバン飛び交うようなものかと言うと
そうではありません。

多くは、書き言葉で見るようなものです。

一方、ネイティブの英語が聞き取りにくい場合、
(私もずっと苦手だったのでよく分かります)
それは単語力が不足しているから聞き取れていないかというと、
あなたの場合はそうではないはずです。

スクリプトを見ると簡単な英語なのに、
それがネイティブのナチュラルスピード、それも
はっきり発音されていない音声だと聞き取れない。

そうではないでしょうか?

英語を使って仕事がしたいということですので、

・ハイレベルな語彙力がある人
・生の英語が聞き取れる人

では、それぞれどんな風に活躍できるか、
またご自身では仕事をするにあたって
どちらがより有利そうであるか、
考えてみれば良いのではないかなと思います。

生の英語が聞き取れる力がつけば
同僚や取引相手に外国人がいて、日常的に英会話が必要になる職場でも
やっていけるイメージがわきやすいでしょう。
(もちろん、スピーキングの訓練も必要ですが)

でも、英検1級レベルの高い語彙力を必要とするのは、
通訳などの職種を除いては実はあまりないのではというのが
私の正直な感想です。

たとえば、翻訳者ですら
ものすごくハイレベルな語彙力は必要ありません。

バリバリと英語を使いこなすビジネスマンであっても
英検1級レベルの単語力がある人はそれほど多くないです。

ほとんどの人は、基本的な単語で意志疎通をはかっています。
もちろん、そのかわりに高いリスニング力や
コミュニケーション能力があるわけですが。

大学在学中に英検1級をということですが、
就職活動ではお持ちのTOEICの点数で十分に英語力をアピールできると思いますし、

テスト英語でなく生の英語がきちんと聞き取れるという方が
雇い主にとっても魅力的だと思いますよ。

合格にこだわるより、ご自身が英語でどうなりたいか、
どんな英語力を身につけてどう生かしたいかを
できるだけ詳細にイメージして英語力を積み上げていくといいと思います。

というわけで、話がいろいろ飛びましたが
どちらか迷っているのであれば、
私のお勧めはヒアリングマラソンです。

お役にたちましたら幸いです。^^


質問者さんからお返事をいただきました。

> 今日お返事をいただいた○○です。
> まず、お返事本当にありがとうございました。


> 直接お返事頂けるなど夢にも思っておらず(当たり前ですが)、
> しかもこれほどまで丁寧なアドバイスをいただき、
> 本当にありがたく、大変感激いたしました。

> 一文一文しっかり読ませていただきました。
> 読みながら、自分の今までの英語学習や、これから英語をどう
> 使えるようになりたいのかも考え、
> ヒアリングマラソンを受講することに決めました。

> 当初考えていたボキャビルマラソンも含め、
> 「高額」な教材を購入することを
> 真剣に考えるようになったのは、えいみさんに出会ってからです。


> えいみさんのホームページやメール講座を読ませていただき、
> 「実践で使いものになる英語を身につけたい、
>  試験以外で何も役に立たない英語力のままでいたくない」
> と強く思うようになりました。

> 今回頂いたメールを読んで、
> 実践的な英語を身につけたいと思いながらも
> 一方で目に見える「資格」をとって自分に自信をつけたい、
> 自己嫌悪感から脱出したいと思う自分を認識しました。

> 確かに資格は、言葉は悪いですが
> 「自己満足をもたらしてくれるもの」だと思います。

> でも、長期的に見た場合、
> 実践的な英語を身につけることを最優先にすることが
> もっと”よいもの”につながると、
> えいみさんのメールを読んで実感しました。

> ヒアリングマラソン、頑張ります。

> 再び長文失礼しました。
> お忙しい中、本当にありがとうございました。
> そしてこれからもよろしくお願いいたします。

> —– 引用について —–
> 名前は伏せた上で引用可





えいみの1000時間ヒアリングマラソン体験談はこちらから

1000時間ヒアリングマラソン ◆「独学で英語の達人」限定無料特典あり◆

hm100145

ヒアリングが伸び悩んでいたとき、壁をぶち破ってくれた教材。生の英語がくっきり聞き取れるのは、TOEICリスニング満点のはるか上なのだと思い知らされました。「TOEICのリスニングなら苦労しないのに・・・」という人こそ、挑戦して絶対に損はなし。

対象者: 英検準1級~、TOEIC700~(えいみ目安)

1000時間ヒアリングマラソンの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ