英検スピーチ対策のノウハウぎっしりの体験談

今日も英検に合格した方のメールを1通ご紹介します。
これから英検1級の2次に挑戦される方、必見です。

すごい貴重なノウハウがぎっしりなので、
穴が空くほど(笑)しっかり読んでくださいね。


> えいみさんへ
>
>
> 振り返ってみれば、平成20年10月は一次不合格(1点差)、
> 平成21年1月一次合格するも二次は散々な結果に。

> そして平成21年7月二次試験に合格という結果でした。
>

> 結果だけ見ると、順調な?気もしますが
> やっぱり先が見えなくて不安になることが多かったです。

> そんなとき、見すぎなくらいえいみさんのHPをみては、
>「がんばるぞ」なんて気合いを入れなおしていました。
>
>

> えいみさんのHPで共感できるのは、英検1級とか資格もありますが、
> 最終的に自分の思いが英語ですらすら言えなかったが、

> 「瞬間英作文」などの過程を経て、だんだん自分のいいたいことが
> 口からでてくるようになったことがリアルに書かれたところです。
>


> 私も、英検1級をとったところで、TOEIC970とったところで、
> 自分のことがすらすらいえなければ目標が達成できたとは言えないと
> 常に考えている自分がいました。


> 一度は、合格するためにスピーチを暗記しようかなとか思いましたが
> そんなごまかさずにどうにか、真の英語力を身につけたい。

> そして、えいみさんみたいに
>「英語の神がおりてきて」という体験をしてみたいと思いました。
>
>

> だから、スピーチをいくつも用意して暗記するより、
> 考えをまとめて瞬間にいう練習を繰り返しました。
>

> YOU CAN SPEAKも今ステップ3に入りましたが、
> 前よりも間違っても何かいっている自分がいます。

> 前はとにかく間があったんです。
> 最初がでてこないというか・・。


> 前回の2次面接でも、とにかく最初がでてきませんでした。
> でも少しずつ英語を発することに抵抗がなくなってきています。
>


> なんかかなりまとまりもないメールでごめんなさい。

> ちなみに面接は、導入(結論)→理由(1)→理由(2)で
> ちょうどベルがなりましたので、
> むりやりin conclusionといって最後のセンテンスをいれてみました。


> 質疑応答は、自分なりの意見を3つの文章ぐらいで返答しました。
> だからか、質問は2つのみでした。


> えいみさんのHPどおり、発音や文法は、
> 沈黙がなければ上がっていく気がします。

> 私も特にセクション3は前回8→今回14です。
> 努力はしましたが、そんな3ヶ月でここまで伸びる気もしませんので・・。
>


> 前回と本当に違ったのは、「トピック選び」です。

> 前回は、日ごろ考えたこともないテーマを選んでしまってました。
> 自分で悔やんでました。(自業自得なのに・・)


> でも今回は、考えたことのある環境関連を選びました。
> 考えたことのあるものでないと質疑応答はかなり苦戦しますので。

> 結果的に、今回は前回の反省を活かし、
> 失敗があったから成功したような気がします。
>


> とても長いメールでごめんなさい。

> つたない文章ではありましたが、えいみさんのHPなしでは合格は
> なかったですという感謝の気持ちは伝わりましたか??
> (笑)


> 今度はYOU CAN SPEAKを年間とおして使ったら
> こうなったよ~みたいな報告と
> 「英語の神がきたよ」報告などできるようにまたがんばります。



> 高校英語教師していますが、通訳にも興味がでてきたし、
> 目標が増えすぎです(笑)


> 一応、子育て中の身で母親からも子育ても~とか言われてますが、
> これからも私のペースメーカーでいてくださいね。
> よろしくお願いします。


————引用ここまで——————


この方の体験談の解説は次のページをご覧ください。



英検1級挑戦者さんの体験談の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ