具体例を冷静に挙げられたのは、ボキャビルマラソンのおかげです

英検1級合格のお便りをいただきました!
ご紹介します。

—– 件名 —–
英検1級合格

—– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —–
TOEIC950

—– メッセージをどうぞ —–
えいみさんのサイトを参考に、英検1級に合格することができました。
ありがとうございました。

6月に1次を受験し、自己採点した時点では不合格だと思っていました。

エッセーで何点とれるかわからないので、
リーディングとリスニングで確実に8割とりたいと思っていたのに、
リスニングを取りこぼしてしまいました。

ところが、そのエッセーがリスニングをカバーしてくれたのです。
去年の6月に14点だったのが、今回22点でした。

うれしかったですが、エッセーの得点の伸びが想定外のことで、
いったい何がそんなに変わったんだろう、と少し考えてしまいました。

答案を返してもらえないので憶測でしかありませんが、
去年の不合格から取り組んだ文法が大きかったのかな、と思っています。

私も英会話を教える身ではありますが、この際だからと
高校受験用の問題集で中学文法の知識の欠損がないか
確認することからはじめました。

一応大丈夫そうだと(そうでないと職業上まずいので、ほっとしました)いうことで、
次の段階では、「音トレForest」の日ー英バージョンを使って
口頭英作文をひたすらやりました。

高校レベルの文法になると、自分でも呆れるくらい
運用能力に問題ありだと改めて感じました。
これが一通りできるようになって、
仕上げとして大学受験用の文法問題集を繰返し解きました。

いまだに自分に高度な文法運用能力があるとは思っていませんので、
引き続きトレーニングしたいと思っています。

ただ、これが、エッセーの得点アップと2次試験の一発合格への
大きな引き金になったのかな、と思っています。

それから、2次試験です。

合格が確認できてから2次試験までちょうど2週間。
一瞬「棄権」という言葉が頭をよぎったほど準備不足でした。

しかし、始めたての、えいみさんおすすめの
「ボキャビルマラソン」を引っ張り出し、
質疑応答に耐えられそうなトピックのみ選んで、
ひたすらシャドーイングしました。

文字通り、2次対策にやったことは、これだけ、でした。

スピーチ構成として、この一つのパッセージが30秒前後なので
3つつなげてあとイントロと結論だな、と思っていたら、
実際の試験での2分は驚きの短かさでした。

3つ考えた具体例は2つしか言えず、しかもそこで時間オーバー、
結論は面接官から許可を得て、むりやり付け足しました。

しかし、最初の1分の準備で、トピックを10秒くらいで選び、
具体例を挙げるということを冷静にできたのは、
「ボキャビルマラソン」でのネタ仕込のおかげです。

ちなみに、私はえいみさんのアドバイスを参考に
「ボキャビルマラソン」はあくまでも「完走」をめざします。
これからも、迷える英語学習者を導く活動を続けてください。
お世話になりました。ありがとうございます。

—– 引用について —–
名前は伏せた上で引用可


英検1級合格、おめでとうございます!!

TOEIC950点という高得点をお持ちでも
文法にまだ不安がおありだったんですね。

そこを、「この際だから中学文法の確認から」と
最初からやり直しされたことは素晴らしいと思いますし
私は絶対に正しい選択だったと思います

ジャパンタイムズの元編集局長で
『英語は「やさしく、たくさん」』の著者の伊藤サムさんも

「プロを目指す人には、今どんなに力があっても
 最初級レベルからきっちりやることをお勧めしています」

とおっしゃっています。
私も、その通りだと自分の経験から実感しています。

でも実際、ほとんどの人は、これができません。
「中学生の文法くらいなら、さすがに大丈夫」と。
こうやって中途半端なプライドを捨てられないから、力が伸びない。

私自身もこの中途半端な自信と中途半端な英語力の状態を長く経験したから分かります。

今からでも遅くないので、あなたがやっぱり文法のやり直しが必要と思うなら、
できるだけ早く取り組むことをお勧めします。


で、お便りに戻って、おっしゃるとおり高校レベルの文法は
読んで(聞いて)分かるのと、自分で使えるのとは大違いですよね。

> 高校レベルの文法になると、自分でも呆れるくらい
> 運用能力に問題ありだと改めて感じました。
> これが一通りできるようになって、
> 仕上げとして大学受験用の文法問題集を繰返し解きました。

> いまだに自分に高度な文法運用能力があるとは思っていませんので、
> 引き続きトレーニングしたいと思っています。

> ただ、これが、エッセーの得点アップと2次試験の一発合格への
> 大きな引き金になったのかな、と思っています。

とあるように、仮定法とかが考え込むことなく
スラッと正しい時制で使えるようになると本当に英語を話すのが楽になります。

> 最初の1分の準備で、トピックを10秒くらいで選び、
> 具体例を挙げるということを冷静にできたのは、
> 「ボキャビルマラソン」でのネタ仕込のおかげです。

でしょー!!笑
ボキャビルマラソンは英検2次のトピックとして使えそうなネタばかりですよね。

私の経験がお役にたったようで、何よりです。

というわけで、お忙しいなかわざわざお時間を割いて
合格のご報告を送ってくださり、ありがとうございました。
こういったメールをいただけるのが本当に私の活力になります。

なお、このメッセージをくださった方は
賛成か反対か:テクノロジーは世界をより安全にすることに寄与するか」で
体験記をお書きくださっているので、合わせてご参考にしてください。


■ あとがき1

このTOEIC高得点の読者さんですら、
文法のやり直しが英検1級合格の決め手になったとおっしゃるくらいなのですから、

文法はほんとにちゃんとやり直ししておかないと
英語力は伸び悩むし、あとでしんどい思いをしますよー。

・文法って何がそんなに大事なのか?
・文法を今やっておかないと今後どんな大変なことになるのか?
・文法の参考書を読み込むという勉強法がダメな理由は?
・文法のやり直しにお勧めの教材は?
・文法をやり直すことで開ける輝かしい未来(笑)とは?

などなど、詳しく解説しているのは中級者用メール講座です。
ご興味があればぜひ受講してみてください。

⇒ 中級者向け英語メール講座に登録する(無料)

(すでに受講中の方は新たに登録はできません)


■ あとがき2

英検1級の1次、2次試験ともに
「合格に役立った!」と好評のボキャビルマラソンですが、
英検1級のための教材ではないので、英検1級が必要なくても広く役立ちます。

・映画や海外ドラマを字幕なしで観られる
・英字新聞や小説がスラスラ読める
・生活のほとんどの場面で「単語が分からないから困る」ということがとにかくなくなる

こんな単語力が欲しいなら、絶対にやって損はないです。
ほんとーーにお勧め。

⇒ ボキャビルマラソン・パワーアップコースのえいみの体験談





英検1級挑戦者さんの体験談の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ