英検1級スピーチの勝因はどんな話題でも対応できる具体例集め

英検1級合格した読者さんからメールをいただきました。

—– 件名 —–
お礼
—– 現在の英語レベル(教材・勉強法のご質問の場合) —–

—– メッセージ —–
2012年第2回の英検1級の試験で合格しました。この回で初めて1級の1次試験に合格だったので(1級の受験は3回目でした),2次試験の準備の時間はほとんどありませんでした。

えいみ様のHPは前から拝見していて,共感するところがあったので,パーツ集めだけに専念し,ある程度集まった後はパーツを組み合わせる練習だけをしました。

英検受験を思い立ってから英会話教室だけには通っていたのですが,表現に詰って言い換えができずフリーズという経験をしまくっていましたので,集めたパーツについては流れで最後まで言えるように練習しておきました。

パーツ,パーツで完結していれば簡単な接続表現でつなげることができるので,何とかなるものですね。結局スピーチも最初に自分の意見を言った後は,具体例のパーツのつなぎあわせで最後までしゃべって時間切れでした。

ただ時間になっても試験官がこちらを見つめていたので,最初にしゃべった意見を繰り返すことで,とりあえずスピーチとして完結することができました。

スピーチの構成等の教科書はありますが,それにとらわれない考え方を示していただき,大変感謝しています。スピーチを構成していたらそうそう話題を集めることはできません。どんな話題でも対応できるには具体例をできるだけ多く集めることだと思います。アイディアというのはできてしまえば簡単に見えても,なかなか思いつくことはできません。

多分えいみ様のHPを拝見していなければ,パーツの組み合わせという考え方は思いつかなかったでしょう。本当にありがとうございました。これからもいろいろなアイディアで英語学習者をお導きください。


このたびは、嬉しいメールをいただき、ありがとうございます。

また、せっかくメッセージをいただいていたのに、
ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。

そして、合格おめでとうございます!!

> 多分えいみ様のHPを拝見していなければ,パーツの組み合わせという考え方は思いつかなかったでしょう。本当にありがとうございました。

ありがとうございます(涙)
そう言っていただけると、本当にうれしいです。


この方は、のちほど英検1級合格体験記を書いてくださいました!
⇒ 遺伝子操作作物について





英検1級挑戦者さんの体験談の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ