英検1級は自己満足?

私はアルクの通信講座受講者さんに向けて
メール講座を配信しているのですが、

受講者のお一人からいただいたメッセージと
それに対する私の返信をご紹介します。


(受講者さん)

> 最終目標はプライベートでも仕事でも、
> 自分の言いたいことがなんでも
> 英語で伝えられるようになること。

> 緊張せず、英語が話せるようになることです。

> 英検1級も狙いたいとは思っていたのですが、
> えいみさんのメールを見て、
> 自分に必要なのかどうか分からなくなりました。


> 自己満足でしかないのかな。


(えいみ回答)

英検1級を受けちゃダメとか、受けても意味がないって
言いたいわけではないんです。

「自己満足でしかないのか」という問題は、
考え方によっては人それぞれだと思いますが、

私はそう思います。

現実問題として、英検1級を持っていたら
転職のときなんかに優遇されるかと言えば、
そんなことないと思ってます。

もちろん、無関係ではないかもしれないし、
仮に、自分と他の条件が全く同じ候補者がいたとして
(現実問題として可能性は薄いですけど)

そんなときにはちょっとは役に立つのかな、
という程度です。

だから、そんな不確かなもののために
血眼になって合格を目指す必要はないと思うし

「合格すれば何でもいい」みたいな勉強方法は
エネルギーの無駄、というのが私の考えです。

自分の最終目標をしっかり見据えて、
「英検1級合格」がゴールの勉強法じゃなく、

「自分の最終目標の達成」が
ゴールとなる勉強法を選んで勉強し、

結果として英検1級に合格できるくらいの
スキルが身につくというのが理想だと思います。

私はそのように考えて勉強したので、
スピーチの暗記はしなかったですし、

単語も現在の自分に必要な最低限しかやっていません。

でも、英検1級合格自体がゴールになってると、
スピーチをとにかくたくさん暗記、とか、

とにかく知らない単語は
(必要あろうがなかろうが)片っ端から覚えるとか、

そういう、変な勉強法になってしまうんです。

それって、
英検1級合格さえすれば何でもいいのなら
有効な勉強法かもしれませんが、

○○さんの「最終目標」と照らし合わせると、
なんかズレてますよね。

○○さんが「うん、ズレてる」と思ったなら、
ズレないように気をつけつつ
英検1級を目指せばいいということです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
英検1級を受験することは、すごくいい経験になります。

めちゃくちゃいい勉強になりますし、心が鍛えられます。

だから、ぜひ合格を目指してください。

私は、英検1級合格って、
「すごく意味のある自己満足」って思っています。^^


だから、
英検1級を狙いたいと思っていらっしゃるのなら、
ぜひ狙ってください。

何より「試験」というものがあると
勉強のモチベーションになりますし、

英検1級合格は○○さんの最終目標ではないけれど、
その経験は確実に大きなステップになると思います。

***引用ここまで***

英検1級合格は、ゴールではありません。
私の考えでは、「自己満足」です。

もちろん、TOEICも同じです。

TOEIC満点達成とか、英検1級合格とか
それ自体に意味を求めても、仕方ないんですね。

意味があるとすれば、
「自己満足」以外にないと思います。

あ、もちろん
TOEIC講師・英検1級講師になりたい人には
意味があると思いますが。

それと、昇給や昇進に
英検やTOEICが関係ある場合も、意味があります。

でも、そうではない場合、

特定の点数の獲得や
合格そのものが単なる自己満足である以上、

上でご紹介した方のように、
英語で何をしたいかという「はっきりした目的」を持って
それに沿った勉強をしつつ、

自然にTOEICの点数アップや英検合格が
達成できるような勉強を
積み重ねていくべきだと思います。

そのほうが、将来得られるものがずっと大きいですよ。




英検1級挑戦者さんの体験談の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ