英検1級の質疑応答

「では・・・・・」
最初に口を開いたのは、日本人試験官の方だったと思います。

「あなたは携帯電話がない世の中を想像できますか?」
(Can you imagine a world without cell phones?とおっしゃったと思います。)

「えっと・・・携帯電話がない世の中を、私が想像できるかという質問ですか?」

「そうです」

・・・・・何を言ってるんだ、この試験官は!!
私、そんなに若くないですのよ先生!!
(気持ちは若いつもりだけど。笑)

「もちろん想像できます。私はその時代を経験していますから。
 私が子供の時には、携帯電話はありませんでした。

 でも、今、携帯電話がない世の中になってしまったら、とても不便だろうと思います」

多分この質問は
「今、携帯電話がなくなってしまったらどうなると思いますか」
という意味だったのだと思います。(今思えばですが)

でも、文字通りに取れば、「想像できます。てか、経験してます」としか
言いようがない、とその時は思ってしまったのです。

次はイギリス人試験官からの質問。
「たとえば、職場環境とテクノロジーということについては、どうでしょう?」

・・・・・また、意味わからねー!!!
思い切り、「は?」という顔をしました。(笑)

試験官は自分で「あ、質問の仕方が悪かったな」と思ってくれたらしく(笑)
補足説明をしてくれました。

「職場環境も以前と比べて変化してきてますよね。
 コンピューターが導入されたりとか、テクノロジーの進歩が見られます。

 職場においても『テクノロジーが私たちの生活を複雑にしている』
 と言えると思いますか?」


「年配の人たちにとっては、複雑になっていると思います。
 彼らは一般的に、若い人より新しいことを学習する能力が劣っています。

 コンピューターが使えなければ時代についていけませんし、
 仕事を探さなければならない場合は、かなり難しいでしょう」


次は、日本人試験官。

「『コミュニケーション不足』について触れられましたが、
 テクノロジーを利用したどんな機器が
 コミュニケーション不足の解消に役立つと思いますか?」


え~~!!さっきニンテンドーのこと言ったじゃん~~!!!
もう他に思いつかない~~!!!

「えっと・・・・・先ほど言いましたが、
 Nintendo Wiiは家族間のコミュニケーションを増やすのに役立つと思います。

 家族全員で、また年齢を問わず楽しめるゲーム機というのは、
 ・・・とてもいいと思います」(←この辺しどろもどろ)

あともう一つくらい日本人試験官が質問した気がしますが、
内容は思い出せません。

でも、私が質問に答えているとき、
日本人試験官の手元がかすかに見えたのですが、

なんと、採点用紙にマークしているところが、見えてしまいました!!
(そんな余裕あったらもっと試験に集中しないといけないんですけど。苦笑)

どの項目だったのかまでは分からなかったのですが、

5段階の「4」にマークしてくださっていました!!
(↑我ながら、よくそこまで見えたな~)

ちなみに、
5段階それぞれのレベル名は、

1:poor
2:below average(だったと思います)
3:fair(だったと思います)
4:good
5:excellent

です。

これは試験会場に着いてから記入するマークシートに書いてあります。

ここで、時間になりました。

前回よりは落ちついて「ありがとうございました」と笑顔で言い、
面接室を後にしました。

» 英検1級の結果と試験を終えて にすすむ

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ