語彙の重要度の判断ツール -掟破りの英検1級対策

重要度の低い単語をスルーし、
より重要度の高い単語を確実に覚えるための判断に役立つもの。

それは、辞書などについている、
その単語の「重要度」をあらわすマーク
などです。

偉い先生方が、膨大なデータから
使用頻度などをレベル分けしているものです。


オススメその1:「アルク」の英辞郎

下でご紹介するコウビルドよりずっとレベル分けが細かいです。
英辞郎で単語を調べると、発音などと一緒に「レベル」が出てきます。

英単語12000語が、
その重要度で12のレベルに分けられています。

(重要度が低い単語、固有名詞などはレベルがつきません。)

SVL(Standard Vocabulary List)の全単語リストはこちら。

ところで、英検1級の実力の目安は、
「大学上級程度」で約10,000~15,000語レベル
らしいです。(英検HPより)

ということは、この12000語
ある程度のラインではないかなと思います。

単語の意味を英辞郎で調べて、ついでにレベルを見てみると
自分の語彙レベルがだんだん分かってくると思います。

そして、過去問題や模擬問題を解いていくなかで
「英検1級はこのレベルの単語が分かってれば合格できるんだ」
という感触がつかめれば、自分が必要とする語彙レベルの目安にもなります。

さらに何と言っても、この
「出合った単語のレベルを見て覚える」という方法は、
絶対、記憶に残る度合いが多いです!!

「うわっ、これレベル6の単語じゃん!!こんなの知らないなんてヤバい!!」
と思うと、
不思議なもので一発で覚えられたりします。

「でる単」のような本で単語を覚えるのが、
一番効率はいいのかも知れません。

でも、「こういうやり方もある」ということで、
ご参考にしていただければと思います。


語彙の重要度がわかる辞書や教材

スペースアルク  「英辞郎 on the Web」が無料で使えます。

他のどの辞書にも出てない用語でも、英辞郎にはたいてい載っています。

同僚の通訳・翻訳者も全員メイン辞書として使っています。
私も毎日100回どころではなくお世話になってます。

無料のweb版でも辞書としては十分ですが、私はUSB版をノートPCにインストールして
オフラインでカフェなどでも翻訳の仕事ができるようにしています。

また、職場では無料版ではなく英辞郎Proを使ってます。(ポケットマネーで。笑)
無料版より動作が速い(気がする)のと、広告などが一切なく集中でき
単語帳や履歴機能があるので重宝しています。
月々315円です。


オススメその2:「コウビルド」

私がメインで使っている英英辞書ですが、
重要度(使用される頻度)が5段階で示されています。

重要度が比較的低い単語には、何もマークがついていません。

私の場合、
「あっ!これはマークがついている単語だから、覚えないと!」となります。

もちろんマークがついてないから即重要じゃないということではないですが、
「この単語は今覚えたほうがいいか?」と迷ったとき、
判断の目安になります。

B001V7QW58 SII 電子辞書 PASORAMA 英語モデル SR-G10001 英和大辞典X6冊 英英辞典X11冊

↑ 私が愛用するセイコーの電子辞書と同タイプのもの。

  コウビルドは、セイコーにしか搭載されてないんですよね~。
  重要度の指標もさることながら、
  「スッ」となじむように頭に入る解説がほんとにすばらしい。

  多くの英語学習者が絶賛する英英辞書です。

⇒ 楽天で一番安い店を見てみる


私のボキャブラリー習得法については、

ラクなボキャブラリー強化法
楽しく英検1級の語彙力を獲得

のページも参考にしてください。

⇒ 結局、英検1級で必要な単語レベルって? へすすむ


英検1級1次試験(筆記)対策の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ