英検1級1次突破法・掟破りの英検1級対策

私は、1次試験は2回不合格になっています。
合格した時も、「余裕で合格」とは言えない点数でした。

でも、合格した経験も2回あります。(笑)


私は受験生の指導に10年以上関わってきましたが、
点数稼ぎのストラテジーには、正直言って自信があります!!

(「余裕で」合格点を取る自信は、全然ないんですが。)

英検の最高峰、1級の筆記試験。
その難しさはやはりタダモノではないですが、

どこに力を入れるべきか?
どこで手を抜くべきか?

これは、一般の受験者よりも分かっているつもりです。


「英語学習ナマケモノ選手権」なんてものがあれば
日本でも確実に上位に食い込む自信のある(笑)管理人、えいみが
ナマケモノ流、ギリギリ合格のジュツをご紹介します!!


1次試験の構成は、2012年度現在、こうなっています。



パッと見て、どう思いますか?

「やっぱ最初の語い・熟語・文法の25点は大きいよなぁ~」

「読解(空所補充)、たったの6点か~」

「ま、読解の6点を除いては配点に大きな違いはないし、
 全部平均的に7割くらい狙えばいいんじゃないの?」



・・・・・そう思ったあなた!!

あま~~い!!!

実は・・・・・
こう考えていたのは他でもないワタシです。

そして、この考えにとらわれていたことが理由で
なかなか合格に近づけなかったのだと、今は確信しています。


英検1次試験には・・・

「ここで確実に点を稼げ!!」という設問と、
「ここは捨てろ!!」という設問が存在するのです。

もちろん、全設問でいい点を取って合格できれば、それに越したことはないです。
でも、それが出来りゃ苦労しませんっ!!

それが出来ない私のような人にとっては、

「全部の分野をまんべんなく勉強して合格を目指す」のは、
労力のムダ
なんです。

⇒ 英検1級1次試験、ここは捨てる! へすすむ


英検1級1次試験(筆記)対策の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ