長文は苦手ですか?私もです! -掟破りの英検1級対策

私はずっと、長文問題が苦手でした。
リアルな話をすると、去年くらいまで苦手でした。(笑)

塾の教え子にも「先生、長文を教えるときはあんまり楽しくなさそう」
と言われたりしていました。

それが・・・・・最近、やっと!!長文が自分のものになった気がしています。
そして、悩んだ分、ここに書くことが
同じ悩みを抱えている方にとって良いヒントになると思います。

長文が読めるようになるためには、
2種類の異なる読み方をバランスよく練習するのが
一番の近道です。

いや、さらっと書いてますが、これがかなり奥が深いです!!

1つめの読み方:
★ 自分にとって易しめで知らない単語もほとんどない文章を、
   意識的に速くたくさん読む。


目的:

スピードを養う。

「返り読み」せず、語順のまま理解する癖をつける。

知らない単語が出てきても意味を想像できる力をつける。

いわゆる「多読(速読)」と呼ばれる読み方です。


高校生の頃、学校で習いました。
「知らない単語は前後の文脈から意味を推測せよ」

みなさんは、できてましたか?
私は・・・ぜ~んぜんダメでしたっ!!!

私が「推測」の意味を実感として分かったのは、実はつい数年前です。

高校生の時って、自分が「楽勝」で理解できる文章を読む機会が
そもそもなかった気がします。

でも、文章自体が難しくて意味がよく分からないのに、
文脈から想像なんてできないと思いません??

日本の英語教育って、
あんなに批判されるほど悪くはないというのが私の意見ですが、
このあたりは改善するべきだと思っています。

学生の頃はいくら頑張ってもできなかった「推測」、
自分にとって易しめの文章で練習すると、
拍子抜けするくらい簡単にできます。

まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、
これに気づいたときは、まあ衝撃的でしたね~。

上達するには「難しいもの」をやらなければ、って
そういう考えを知らず知らずのうちに持ってしまっているんだと思います。

だから多くの人は、
自分が簡単に読めるような英語には見向きもしない。

もちろん簡単なものだけ読んでいればいいかと言うと、
そうではありません。

でも、私の感触では、
易しめの文章を読む訓練と難しい文章を読む訓練の適切な比率は、

8(易しい文章) : 2(難しい文章) くらいではないかと思っています。

少なくとも私の経験では、そうです。


また、簡単な文章を読むことによって、
語順そのままに理解できるようにもなります。

返り読みをしながらいちいち日本語に訳さなくても、
気持ち悪くなくなります。
こうなれば当然、読解のスピードはグンと上がります。


2つめの読み方:
★ 英検1級レベルの文章をじっくり読むこと。

目的:

もちろん英検1級レベルの長文に慣れること。

「理解したつもり(でも実はよく分かってない)」という状態を打破すること。

これは、「精読」のことです。

「なんとなく分かったような・・・でも細かいところを聞かれると・・・」

これっ!!これが、長文が解けない最大の理由ではないかと思います。

前でも触れましたが、
読解問題の単語自体はそんなに難しくないんです。

だから、ばーっと読む。
まあ、だいたい何を書いてるのかぐらいは分かる。

でも、選択肢を読むとどれも正解っぽく見える・・・・・ _| ̄|○ ガクッ

この状態から抜け出せれば、満点がぐっと近づきます。


次のページでは、長文の苦手克服に役立つ素材をご紹介します。

⇒ 苦手な長文を得点源にする教材 へすすむ


英検1級1次試験(筆記)対策の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ