「シャドーイングの教材・勉強法」の記事一覧

シャドーイングで教材をどのように使うべきでしょうか?

発音やイントネーションの向上、リスニング力向上に効果があるので私がいつもお勧めしているシャドーイングですが、やり方についてご質問をいただきました。 —– 件名 —– シャドーイングのやり方について —– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —– —– メッセージをどうぞ &

音読とシャドーイングの長所、短所、難易度、効果の違いとは?

「えいみさんお勧めのシャドーイングより音読をしています。  やはりシャドーイングがいいのでしょうか?」 というご質問をいただきました。 結論から言いますと、音読もシャドーイングも 「英語を真似て声に出す」という同じジャンルのトレーニングなので、 効果はどちらも大きな違いはありません。 なので、学習者さんそれぞれが 自分に合ったやり方、好きな方を選択すればOKです。 もちろん、片方しかやってはいけな

あなたがシャドーイングをする目的は何ですか?

何回、何カ月、どのくらいシャドーイングをすればいいですか?の続きです。 「どのくらいできるようになったら次に行っていいでしょうか?」 「何回ぐらいやったらいいでしょうか?」 「何ヶ月ぐらいやればいいでしょうか?」 という疑問をあなたが持っている場合・・・ よく考えてみてください。 あなたがシャドーイングするのは、 リスニング力向上、発音やイントネーションの矯正だったり、 口のトレーニングだったりが

何回、何カ月、どのくらいシャドーイングをすればいいですか?

シャドーイングについて書いていくなかで 「どのくらいできるようになったら次に行っていいでしょうか?」 「何回ぐらいやったらいいでしょうか?」 「何ヶ月ぐらいやればいいでしょうか?」 という質問をたくさんいただきました。 シャドーイングに限らず、瞬間英作文についても 他のことについても、こういった質問はものすごく多いです。 で、 「個人のレベルや目的によって違います」 って答えたら、 「ただ○回と言

シャドーイングを繰り返していると、会話を覚えてしまいます

「シャドーイングを繰り返していると、会話を覚えてしまう」 というご質問をいただいたので、お答えします。 私は、車で子供に英語のDVDを流しているのですが、 それをシャドーイングしています。 内容をえいみさんがご存じかどうか分かりませんが、 なかなか長い文章や、聞き慣れない単語もちらほら出てくる感じです。 意味は解りますが、最初はついていけません。簡単な文章なのに。。。 そこで質問なのですが、シャド

シャドーイングの時は文章を組み立てることを意識して発声するべき?

しばらく前にシャドーイングの記事を何回か書いてから 「シャドーイングってすごい勉強法なんですね!やります!!」って たくさん決意表明をいただいたのですが。 どうやら、「シャドーイングで英会話もバッチリ」って 勘違いされている方が少なくないようなので、 今日はそれに関しての質問と回答を載せます。 あなたも、何となく 「シャドーイングしたら英語がしゃべれるようになるんでは?」 って思っていませんか?

シャドーイングはスクリプトを限界まで見ない方がいい?

シャドーイングはスクリプトを限界まで見ない方がいい? というご質問をいただきました。 ⇒ 前回「シャドーイングで次の教材に移るタイミング」 ⇒ 前々回「シャドーイングでやってはいけないこと」 スクリプトは最後の最後まで見ないほうがよろしいでしょうか? 他の方の方法では、シャドーイングする文を まずしっかり理解(語彙や文法)してからやるべきとありました。 私は最初からスクリプトをみるのは、 何か答え

シャドーイングで次の教材に移るタイミング

シャドーイングで、どのくらいやったら次の教材に移ればいいか? 次に移るタイミングについてのご質問をいただきました。 1本のストーリーを終えて、 次に移行するタイミングはどの程度で移行したらよいでしょうか? 1本を完璧(発音もイントネーション)に シャドーイングできるまで次に進んではいけない、と 聞いたことがあります。 100点満点なシャドーイングにできるまで 次に進まないほうがよろしいでしょうか?

シャドーイングでやってはいけないこと―身につけたくない発音の音声を使うのはNG!

色々な国の発音で録音されている音声でシャドーイングする時に イギリス英語の発音を聞きながらアメリカ英語でシャドーイングしてもいいか? というご質問をいただきました。 シャドーイングって何か分からない人はまずこちらをどうぞ。 ⇒ シャドーイングでリスニング・発音上達、能動言語も増える! えいみさんの説明の中で、「自分が真似してみたい発音」で シャドーイングしたほうが良いとおしゃっておりました。 私が

オーバーラッピングとシャドーイングの違いと使い分け

シャドーイングと同様の効果が狙える学習法として、 「オーバーラッピング」があります。 これは、テキストを見ながら英語の音声を聞いて お手本の英語に自分の英語をかぶせるようにして、同時進行させます。 (シャドーイングは自分の声が遅れますが、  オーバーラッピングは全く同時になります) オーバーラッピングも、お手本の抑揚とリズムをまねる訓練です。 ただ、お手本と同時進行させるということは、 英文を自分

テキストを見ながらシャドーイングしないことの利点

テキストを見ないでシャドーイングをやった方が いい理由って、何だと思いますか? それは、「ながら勉強」ができることです。 家事をしながら、運転をしながら、散歩をしながら・・・など 耳は空いていてiPod等で音は聞けるけど、テキストは読めない という時間を英語学習時間に変えることができるのです。 テキストを見ながらのシャドーイングであれ、音読であれ、 運転しながらとか皿を洗いながらとかは無理ですから

シャドーイングで学習レバレッジを最大にする方法

「何か別のことをしながら英語時間が自動的に積み上がった」 というのが、 私の英語学習が多くの人より上手くいっている最大の秘密です。 私は、シャドーイングのためだけの勉強時間を1分も取っていません。 すべて、運転しながら、家事をしながらなどの「ながら勉強」です。 ながら勉強が習慣になってしまいさえすれば 「やらない方が気持ち悪い」くらいになってしまうんです。 忙しくて勉強をする時間がない、 英語を習

リスニング力向上と発音上達にシャドーイングが効果的な理由

シャドーイングは、声に出して発音するトレーニングなので 「発音」「イントネーション」など 英会話の勉強としてのイメージが大きいかもしれません。 もちろん、英会話にも効果があります。 でも、実はリスニング力向上にも効果抜群なのです。 理由は、 聞き取れないものは口にも出せないからです。 英語を聞くだけでは、 何となく分かったつもりになってしまうことがよくあります。 一語一句聞き取れなくても、内容がわ

シャドーイングで通訳入門

「通訳」のキーワードでこのサイトに来てくださる方も結構いらっしゃるので、 通訳トレーニングの入り口としてのシャドーイング、ということで ページを作ってみることにしました。 通訳に必要な基礎体力をアップ 通訳は、英語をとにかく口に出し続けることが必要です。 英語の「表現力」はもちろんですが、 口の筋力みたいなものも大切だと思います。 私がシャドーイングを始めた頃は、 5分続けるのもしんどいと感じてい

シャドーイングで英語が話せるようになりますか?

⇒ シャドーイングの時は文章を組み立てることを意識して発声するべき? の続きです。 「シャドーイングしたら英語がしゃべれるようになるんでは?」 って思っている方は必読です。 きちんとレベルの合ったものを使って 「ああ、こんなときはこう言うのか」って意識しながらシャドーイングをすれば シャドーイングで能動言語(自分の言葉として言える言葉)は増えます。 私も、できるだけ無意識で口だけが動いている状態に
サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ