「英語の学び方(心構え編)」の記事一覧(2 / 2ページ)

頑張った自分を褒めてあげよう

前回のページ「まずは己を知ること」のアップ後、 さらにたくさんのご相談メールをいただきました。 読ませていただきながら、また考えたことがありました。 そこで今日は、英語から少し離れるかもしれませんが、 ちょっと精神的なことについてお話ししたいと思います。 最初は、「英語学習についてのHPなんだから」と 作る予定のなかったページです。 でも、英語学習に(それ以外にも) とても大切だと思うので、書くこ

まずは己を知ること

HPを通じて英語学習のご相談メールをいただくようになりました。ほんとに嬉しいです。ありがとうございます!! 教師を長い間やっていたので、相談に乗るのは好きですし、 得意分野だと自分では思っています。 質問に答えることによって自分自身の学びも深まるので、 いつも喜んでお返事をさせていただいています。 でも、教師として 目の前の生徒にアドバイスをするときとは違って、 毎回もどかしい思いをしています。

英語学習の負荷は小さく!

英語学習で忘れてはならないことは、 やる気は当てにならないということ。 やる気に波があることは、みんな知っていることだし、 誰でも経験があると思います。 でも・・・・・ やっぱり、英語学習(英語に限りませんが)の 計画を立てるときに 自分のやる気を過信してしまう人が、ほんと~に多いんです! かく言う私にも、毎回無謀な計画を立てては 挫折を繰り返していた時期があります。 「今回こそはやる気マンマンだ

英語学習を習慣にするコツ・続けられなければ意味がない!

英語学習において何が大切かというと、 いろいろあるけどやはりダントツは 続けることだと思います。 そして、「続ける」というのは、それを習慣にするということです。 「分かってるけど、なかなか長続きしないのよね~」という人へ・・・。 長続きしないのには理由があります。 それは、 英語学習の代償が大きすぎるからなのです。 英語学習の代償って? 代償というのは、「英語学習によって失うもの」のこと。 「え~

外国語学習の極意-音声重視の学習と強い衝動

いきなり大胆なタイトルなんですが・・・・・ ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 私は、大学生の時、外国語学習の極意の一端を悟りました。 あくまでも一端、です。 この気づきは、私の英語学習人生を一変させました。 ここでは、この気づきについて書いてみようと思います。 フランス語を勉強した大学時代 私は大学1年のとき、 フランス語を第一外国語として勉強しはじめました。 塾の先生(しかも大学生のバイトの先生)に 「フ
サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ