「英語の学び方(心構え編)」の記事一覧(2 / 2ページ)

モチベーションの上がる写真、文章、音声に触れる

★2.モチベーションの上がる写真、文章、音声に触れる 願望を成し遂げた自分や周囲の反応を妄想してワクワクする―即効で英語学習のモチベーションをアップする方法の続きです。 英語学習のモチベーションを維持するためには、 あなたの「やる気スイッチ」を入れるものを準備して、 いつもそれに触れられるようにしておいてください。 目標の英語力に到達したらあなたがやりたいこと、かなえたい夢 に関連する写真などを手

即効性のある英語学習のモチベーションをアップする方法

よく、私の元には 「英語を勉強するモチベーションが上がりません・・・」 「どうやってモチベーションを保てばいいですか?」 というメールが届きます。 そこで、このページから数ページにわたって 英語学習のモチベーションについて話をしていきたいと思います。 今日はまず、とっておきの 「下がったモチベーションを即効で上げる方法」をご紹介します。 ★1.願望を成し遂げた自分や周囲の反応を妄想してワクワクする

英語の上達と2つのエンジン-効果的な英語上達に必要な二面性

最近、こんなお便りをいただきました。 「えいみさんのホームページで『まずは己を知ること』以下のコラムを読んで、 目の前がぱあ~っと明るくなったような気がしました。  私個人としては、このような心理面でのヒントが、 英語を勉強する上での心強いサポートとなり、挫けそうになると何度も見る 駆け込み寺のような存在になっています。」 このメッセージをいただいて、本当に嬉しかったんですが、 嬉しいと思うととも

英語はカンタン!と思え!!-英語は簡単という魔法

「英語が上手くなるには、  とにかく『英語はカンタン!』と思え!」 私のモットーです。 私が100%いつでも「英語はカンタン!」と言い切れるかといえば、 そんなことはありません。 大小いろんな壁に毎日ぶつかっています。 けっこう怪我もしてます。(笑) それでも、「英語は難しい」とは思っていません。 少なくとも、「英語は難しい」と口に出すことはない、 ということは自信を持って言えます。 私がこういう

英語学習は不利な人ほど有利-逆境を力に変える

とつぜんですが、先日インターネットでふと読んだ記事が 私のアンテナにピン!ときたので、紹介させてください。 V6の井ノ原快彦くんについての記事でした。 (ちなみに、管理人は別に彼のファンとかではないです。笑) デビューまでの9年間の下積み時代の話。 ジャニーズジュニアとして先輩アイドルのバックダンサーなどを務めていたころ、 自分よりずっと後輩のKinki Kidsがデビュー、 一気にスターになって

苦手があってもいいじゃない!

苦手って、必ず克服しなければならないものだって思っていませんか? 私は、以前は思っていました。 でも今は、「苦手があったっていいじゃん!!」と 心から思っています。 私は、学生時代は 「おまえは理科が最悪だから、理科を頑張ろうな」と いつも先生に言われていましたし、(笑) 何を隠そう、私自身も塾で教えていたときは 「○○ちゃんは長文が苦手だから、長文を中心にやろうね」 などとよく言っていました。

自分を信頼できていますか?

前回、「自分を褒めること」の大切さを書きました。 もう一歩つっこんで、 英語学習に有効な考え方について書いてみたいと思います。 (前のページの続きですので、  頑張った自分を褒めてあげようを先にお読みください。) 英語とは直接関係ないのですが、 私の過去の話をちょっとしてみたいと思います。 これまで、あまり他人には言ったことのない話です。 私は、ずっと大きな劣等感を抱えて生きてきました。 勉強は思

頑張った自分を褒めてあげよう

前回のページ「まずは己を知ること」のアップ後、 さらにたくさんのご相談メールをいただきました。 読ませていただきながら、また考えたことがありました。 そこで今日は、英語から少し離れるかもしれませんが、 ちょっと精神的なことについてお話ししたいと思います。 最初は、「英語学習についてのHPなんだから」と 作る予定のなかったページです。 でも、英語学習に(それ以外にも) とても大切だと思うので、書くこ

まずは己を知ること

HPを通じて英語学習のご相談メールをいただくようになりました。ほんとに嬉しいです。ありがとうございます!! 教師を長い間やっていたので、相談に乗るのは好きですし、 得意分野だと自分では思っています。 質問に答えることによって自分自身の学びも深まるので、 いつも喜んでお返事をさせていただいています。 でも、教師として 目の前の生徒にアドバイスをするときとは違って、 毎回もどかしい思いをしています。

英語学習の負荷は小さく!

英語学習で忘れてはならないことは、 やる気は当てにならないということ。 やる気に波があることは、みんな知っていることだし、 誰でも経験があると思います。 でも・・・・・ やっぱり、英語学習(英語に限りませんが)の 計画を立てるときに 自分のやる気を過信してしまう人が、ほんと~に多いんです! かく言う私にも、毎回無謀な計画を立てては 挫折を繰り返していた時期があります。 「今回こそはやる気マンマンだ

英語学習を習慣にするコツ・続けられなければ意味がない!

英語学習において何が大切かというと、 いろいろあるけどやはりダントツは 続けることだと思います。 そして、「続ける」というのは、それを習慣にするということです。 「分かってるけど、なかなか長続きしないのよね~」という人へ・・・。 長続きしないのには理由があります。 それは、 英語学習の代償が大きすぎるからなのです。 英語学習の代償って? 代償というのは、「英語学習によって失うもの」のこと。 「え~

外国語学習の極意-音声重視の学習と強い衝動

いきなり大胆なタイトルなんですが・・・・・ ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 私は、大学生の時、外国語学習の極意の一端を悟りました。 あくまでも一端、です。 この気づきは、私の英語学習人生を一変させました。 ここでは、この気づきについて書いてみようと思います。 フランス語を勉強した大学時代 私は大学1年のとき、 フランス語を第一外国語として勉強しはじめました。 塾の先生(しかも大学生のバイトの先生)に 「フ
サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ